越前市オープンイノベーション推進ビジョン

最終更新日 2021年3月25日

情報発信元 産業政策課

PAGE-ID:9673

越前市は北陸有数のモノづくり都市であり、また北陸新幹線新駅周辺のまちづくりに取り組んでいます。一方、人口減少(若者の社会減)という課題も抱えています。

 

本ビジョンでは、本市の将来の産業活性化に向けて、「成長領域において新たな産業と新たな事業が生み出されるまち」を実現し、ひいては市民に選ばれるまちを目指すことを掲げています。

 

実現に向けた手法として、世界的潮流である脱炭素化の加速などを踏まえ、社会課題に取り組む企業等が連携して強みを生かす「オープンイノベーション」の推進を位置付けました。

また「環境・エネルギー領域」を成長領域と捉え、モノづくりと先端テクノロジー(Society5.0)を掛け合わせた分野でのオープンイノベーションを特に推進し、事業創出や産業集積を図ります。

 

そのフィールドとして、新幹線駅周辺先端産業ゾーンを中心とした未来創造ゾーンに、推進体制の構築と先端テクノロジーの実装(DX・スマートシティ・脱炭素化などに関連)による環境づくりを行い、それを起点とした越前市版スマートシティの実現も目指していきます。

〈令和3年3月策定〉

 

 

官民連携(PPP)プロジェクト

 

関連カテゴリ

    情報発信元

    産業環境部 産業政策課

    受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)