文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

越前市産業活性化プラン(平成27年10月改定)

更新日 2017年7月21日 情報発信元:産業政策課

「知性と創造力に富んだ産業の森づくり」で、北陸一のモノづくり都市を目指します

越前市産業活性化プラン

市では、平成17年に「越前市産業活性化プラン」を策定し、知性と創造力に富んだ産業の森づくりに取り組んでいます。
さらなる「元気な産業の森」を形成し、北陸一のモノづくり都市を目指すため、本プランを改定しました。

改定のポイント
平成27年4月施行の「越前市中小企業振興基本条例」や、地方創生戦略(定住化対策等)を踏まえた、下記を強化します。

・事業の持続的発展・事業継続に軸足を置いた中小・小規模事業者への施策強化
・企業立地支援制度の拡充
・本市の特徴であるモノづくり産業の根幹をなす人材の確保、それに伴う市域内・域外への情報発信の充実

現在、国や県、研究機関との連携を図り、市と商工団体が協力して本プランを実行してまいります。
多くの市民、企業の皆さんに本プランの内容をご理解いただき、力を合わせて元気な産業づくりを推進していきたいと考えております。

平成27年度改定産業活性化プラン

産業活性化プランの4つの柱

  1. 既存産業・企業の自立化の促進と支援
  2. 創業の促進、チャレンジする風土づくり
  3. 企業立地の促進
  4. 産力強化のための支援体制構築

今後の展望 

今後、さらなる産業の活性化を図るためには、人や企業にとって魅力的な地域であることが必要です。このため、次のような都市を目指します。

  1. バランスのとれた産業都市
    特徴ある多種多様な産業が、バランスよく構成された都市を目指します。
    このため、既存企業の活性化につながる企業立地と人材の確保をセットで進め、コネクターハブ企業の創出のための施策や伝統的工芸品をはじめとした地域の歴史・文化・観光、地理的特性などいわゆる地域資源を活用した商業、農林業、サービス業などの活性化策についても検討します。
  2. 知識創造型産業・企業の集積する都市
    知性と創造力を発揮し、独自の商品を開発し、新たなサービスを提供する企業が集積し、技術革新の風土や越前ブランドを備えた産業都市を目指します。
    このため、異なった業種・分野とのマッチング(第1次産業~第3次産業の連携、異業種交流など)による新事業の開拓を促進するとともに、地球環境に貢献するモノづくり技術の振興、情報・デザイン・企画・研究開発等の知的サービス部門の集積を図ります。 
  3. 人と企業にとって魅力的な都市
    市内産業の活性化のための経営資源である「人材、もの、資本、情報、時間」が最適化できる環境づくりに取組み、北陸一のモノづくり産業都市を目指します。
    このため、地方創生の中、市内での定住・豊かな暮らしを実現するために、モノづくり都市や子育て環境などの強みを全国へ発信し、誰もが訪れたい、働きたい、住みたいと思う心豊かな暮らしができる都市づくりを進めます。 

産学官連携ネットワーク有識者会議

越前市産業活性化プランに基づく具体的施策、プランの進捗状況について産学官連携ネットワーク有識者会議を開催いたします。 詳しくは こちら

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウエアをダウンロードしてご覧ください。
Adobe Readerのダウンロード

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:産業環境部 産業政策課    産業政策課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3047 ファックス: 0778-22-5167
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: syoukou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)