文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

平成30年4月より国民健康保険制度が変わります

更新日 2017年11月15日 情報発信元:保険年金課

平成30年4月から国民健康保険制度が変わります。

 平成27年5月に「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」が成立したことにより、国民健康保険制度が改正されることになります。

制度改正の概要

国保財政の運営

 国民健康保険の運営はこれまで市が行っていましたが、平成30年4月からは福井県が財政運営の責任主体となり、財政の安定化を目指します。

 国民健康保険は被用者保険(社会保険や共済組合等の保険)に比べると、「加入者(被保険者)の年齢構成が高い」、「所得水準が低く、保険税の負担が重い」などの構造的な課題を抱えています。医療費も年々増え続けており、厳しい状況が続いています。今後も国民健康保険制度を維持していくために市町の被保険者数や所得水準に応じた納付金や交付金を管理することにより、財政の安定化を目指します。

財政運営イメージ

県と市の役割分担

 福井県と越前市は以下のように役割を分担して、国保運営を行います。

福井県

 1、市町ごとの標準保険料率の算定・公表
 2、市町ごとの国保事業費納付金を決定
 3、保険給付費を各市町に交付
 4、国保運営方針の策定など

越前市

 1、加入者(被保険者)の資格管理(被保険者証の交付や届出の受付など)
 2、保険税率の決定、保険税の賦課・徴収
 3、保険給付の決定、支給など
 4、保険事業の実施

制度改革による変更点、変更しない点

変更点

 1、保険証や限度額認定証等の様式が変更になる予定です。
   ただし、現在お使いの保険証等については、平成30年4月以降の更新までそのままお使いいただけます。

 2、国民健康保険の資格の取得・喪失は県単位になります。
   福井県内での引っ越しであるならば、保険の資格が継続するため、資格は変わりません。
   ただし、保険証は市町ごとになりますので、転入・転出の手続きが必要となります。

 3、高額療養費の多数回該当(※)の通算方法が変わります。
   福井県内の引っ越しであるならば、該当回数が引き継がれます。
   ただし、世帯構成が同じなどの条件があります。
    ※多数回該当とは過去1年のうちで高額療養費が4回以上該当した場合に限度額が引き下げられるものです。

変更しない点

  1、各種届出の手続きや保険税の納付先は今までどおりです。

※参考

厚生労働省ホームページ「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法の一部を改正する法律について」

福井県ホームページ「国民健康保険制度改革について」

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:市民福祉部 保険年金課    保険年金課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3002 ファックス: 0778-22-3397
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: hokennenkin_ka@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)