文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

ジェネリック医薬品を利用しましょう

更新日 2015年11月9日 情報発信元:保険年金課

越前市は、医療費抑制のために、ジェネリック医薬品の使用を促進しています。ジェネリック医薬品を利用することで、加入者の皆様のお薬代の軽減と、保険者である越前市の負担を減らすことができます。

◆ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、最初に作られた新薬(先発医薬品)の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ成分・同じ効果と認められたお薬です。 特許切れの新薬をもとに作られ、開発コストが少ない分、低価格になっています。ずっと使用されてきた新薬と同じ成分で作られているので、安全性は保障されています。

◆ジェネリック医薬品Q&A

どれくらい安くなるの? 
⇒お薬の価格は3割以上、中には5割以上安くなる場合もあります。ただし、お薬自体の価格は下がっても、自己負担額がそれまでとあまり変わらない場合もあります。

効き目は同じなの?                                                                                    
⇒ ジェネリック医薬品は、これまで効き目や安全性が実証されてきたお薬と同等と確認された上で、製造、販売が国から認可されています。効き目はもちろん、安全性も同等ですので、安心して使うことができます。 

種類はあるの?                                                                                       
⇒ 高血圧や高脂血症のお薬、糖尿病のお薬など、さまざまな病気や症状に対応しています。カプセル、錠剤、点眼剤など形態も豊富です。 ただし、すべてのお薬にジェネリック医薬品があるわけではありませんので、医師・薬剤師にお問い合わせください。

◆ジェネリック医薬品を利用しましょう。

まずは、かかりつけの医師・薬剤師に相談しましょう。
越前市では、年3回「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」ハガキを送付しています。ジェネリック医薬品に切り替えた場合、お薬代に500円以上の差額が出る人を対象に、自己負担額がどのくらい安くなるかをお知らせしています。
また、 「ジェネリック医薬品希望シール」は、ジェネリック医薬品を希望することを医療機関に簡単に伝えるためのシールです。9月の国民健康保険証の更新時に、加入者の皆様に送付いたしましたので、ぜひご活用ください。

        HL38_09

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:市民福祉部 保険年金課    保険年金課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3002 ファックス: 0778-22-3397
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: hokennenkin_ka@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)