治療期間が1週間に満たない場合とは。(交通災害共済)

最終更新日 2009年9月28日

情報発信元 保険年金課

PAGE-ID:1396

回答

 治療期間については、医師が診療を開始した日(交通事故後最初に診療を受けた日を基準)から治ゆするまでの期間が1週間に満たない場合をさします。

[対象になる場合の例]
初診日・・・水曜日
最後の受診日・・・翌週の火曜日
治療期間が7日間あるため対象になります。

[対象にならない場合の例]
初診日・・・水曜日
最後の受診日・・・翌週の月曜日
治療期間が6日間しかないため対象になりません。

8等級については、受傷したときの診断書(予見的なものを含む)に基づいて決定し、支払いをする場合もありますのでご相談ください。

  →→詳しくは、こちらから

情報発信元

市民福祉部 保険年金課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)