マイナンバー(個人番号)通知カード廃止のお知らせ

最終更新日 2020年12月23日

情報発信元 窓口サービス課

PAGE-ID:9210

法律の改正により、マイナンバー(個人番号)の「通知カード」は、令和2年5月25日に廃止されます。

廃止後の通知カードの取扱いについて

  • 住所・氏名等券面変更等の手続きは行えません。
  • 「通知カード」の交付及び再交付は行えません。

廃止後の通知カードは、通知カードの記載事項(氏名、住所、生年月日、性別、個人番号)が住民票と一致している場合、引き続きマイナンバーを証明する書類としてご利用いただけますので、大切に保管してください。

新たにマイナンバーが付番された方への通知方法について

出生や国外転入等、新たにマイナンバーが付番される方は「通知カード」に代わり、国からマイナンバーが記載された「個人番号通知書」が郵送される予定です。

※「個人番号通知書」はマイナンバーを証明する書類としては利用できません。 

通知カード廃止以降のマイナンバーを証明する書類

通知カードの廃止後は、マイナンバーを証明する書類は以下のものとなります。

  • マイナンバーカード(申請から取得するまでに約1か月半かかります)
  • マイナンバーが記載された「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」(有料)
  • 通知カード(氏名、住所等が住民票と一致しているもの)

 

マイナンバーカードの申請についてはこちらをご覧ください。

「マイナンバー総合サイト」<外部リンク>をご覧ください。

 

 

情報発信元

市民福祉部 窓口サービス課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)