文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

平成25年7月8日から、外国人市民の皆さんにも「住基ネット」の運用が開始され、お住まいの市区町村以外でも住民票の写しの交付を受けることができるようになりました

更新日 2013年7月26日 情報発信元:市民課

 
 

 住基ネット(住民基本台帳ネットワークシステム)とは、市民の皆さんの利便性の向上のために、全国どこでも本人確認ができるシステムです。平成25年7月8日から外国人市民の皆さんにもこの「住基ネット」の運用が開始されました。
 

住民票コードについて

  • 住基ネットの運用開始に伴い、平成25年7月中旬に外国人市民の皆さんに住民票コードを記載した通知書を本人宛に郵送しています。
     
  • 一部の行政手続(例:年金を受給するとき)で、住民票コードの記載を求められることがありますので、通知書は大切に保管してください。 
    ※万が一通知書をなくしてしまった場合で、住民票コードを知りたいときは、市民課窓口で再交付の申請をしてください。

 

 「住基ネット」の運用が開始されると

  • 住基ネットの運用が開始されると、お住まいの市区町村以外でも住民票の写しの交付を受けること※ができます。
    (※在留カード等の顔写真付き身分証明書の提示が必要です。)
     
  •  外国人の方も住民基本台帳カード(住基カード)の交付を受けることができます。

※住基カードとは・・・
1.高度のセキュリティ機能を備えたICカードで、顔写真付きのカードは公的な身分証明書としてご利用いただけます。
2.郵送により転出届を行う場合には、引越し時の手続きが簡略化されます。
3.住基カードに電子証明書を格納することで、電子証明書による本人確認を必要とする行政手続きをインターネットにより申請することができます。(例:e-Taxでの確定申告)
4.さらに越前市においては平成26年4月1日から、住基カードの多目的利用として、外国人市民の方も自動交付機による住民票や印鑑登録証明書などの各種証明書の取得や図書カードとしての利用ができるようになる予定です。

注:住基カードをお持ちの方は、引越しの際住基カードが必要です。

>>住民基本台帳カード

 

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:市民福祉部 市民課    市民課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3001 ファックス: 0778-24-5139
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: simin@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)