「いきいきふれあいのつどい」交付金

最終更新日 2019年1月28日

情報発信元 長寿福祉課

PAGE-ID:6903

つどいとは

いきいきふれあいのつどい(以下つどい) とは、町内単位で高齢者の方が、生きがいと社会参加を促進するために、 地域の高齢者同士のつながりを深める自主活動の場です。

平成27年度:177箇所、28年度:190箇所、29年度:200箇所 で開催されています。

つどいで自主的に体操や運動など介護予防につながる活動を行い、参加者に元気になっていただくために、平成28年度からつどいの運営費を交付しています。

詳しくは、「いきいきふれあいのつどいについて」

交付を受ける条件(平成30年度)

必須1 いきいきふれあいのつどいが市へ登録されていること

必須2 つどい活動を年12回以上開催(計画)していること

必須3 市が指定する健康講話を1回以上(計画)していること

必須4 市が指定する介護予防教室を3種類(計画)していること

5 毎回、「越前市つどい体操」もしくはそれ相当の体操(ラジオ体操等)を行うこと

6 要支援1・2、総合事業対象者の方の積極的な受け入れ、参加促進

(注)1から4は、必須条件

5・6は、努力義務とする。

申請時には、規定の申請書と請求書、事業計画を出していただき、年度終了後には、 実績報告書などを出してください。

交付金内容について

「金額」

基本 年12回以上 6万円/年

加算1

(回数)

年24回以上 高齢者人口100人未満 3万6千円/年
高齢者人口100人以上 6万円/年

加算2

(子どもと活動)

6回以上子どもと一緒に活動

高齢者人口100人未満

4万8千円/年
高齢者人口100人以上 6万円/年

「対象経費」

いきいきふれあいのつどいに要する経費

(注)物品の購入に当たっては、原則、市内に事務所または事業所がある店舗で購入をするようにしてください。

<対象となるもの>

・講師謝礼(講師一人当たり1万円まで)

・賃借料、会場使用料・入館料、会場の光熱水費

・備品購入費(机、椅子、DVDプレイヤー等)

・消耗品費(ティッシュペーパー、文房具、食糧以外の材料費等)

・印刷費(チラシやプリント等のコピー代)

・交通費(バス、ジャンボタクシー借り上げ代 等)

・保険料(いきいきふれあいのつどい活動時の事故への備え)

<対象とならないもの>

・食糧費 等の実費(弁当代、菓子代、飲料代、調理材料代等)

(注)子どものおやつ、プレゼントの菓子も対象外

申請について

・申請者 原則、町内の区長が行います。複数町合同で実施している場合は、つどい代表者でも構いません。

<提出書類>

1 規定の申請書(様式第1号) (注)書き方はコチラ

2 事業計画(いきいきふれあいのつどい年間計画表)の写し

3 請求書(任意形式)

実績報告

予定していた活動が全て終了しましたら、実績報告を必ず行ってください。

<提出書類>

1 平成30年度つどい実施報告書

2 規定の実績報告書(様式第2号)

3 決算報告書(任意形式)

Q&A

よくある質問をまとめました。

Q&A

情報発信元

市民福祉部 長寿福祉課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)