文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

計画(ケアプラン)を立ててサービスを利用します

更新日 2017年3月1日 情報発信元:長寿福祉課

介護保険のサービスは介護サービス計画(ケアプラン)を立てて利用します。
 

居宅サービスを利用する場合

要支援1・2の人

介護保険の介護予防サービスは、地域包括センターが中心となってサポートします。
1.地域包括支援センターから連絡が入ります
2.担当する職員が訪問します
 利用者・家族と面談を行い、心身の状態や生活環境などを把握します。
3.介護予防ケアプランを作成します
 訪問によるアセスメント結果をもとに、サービス提供事業者を加えて内容を検討し、介護予防ケアプランを作成します。
4.介護予防ケアプランに基づいて、サービス利用開始となります  
 

要介護1~5の人

1.ケアマネジャーを決めます
  ケアマネジャーとは、介護の知識を幅広くもった専門家です。相談や、サービス提供事業者等との連絡・調整を行い、ケアプランを作成します。
  ケアマネジャーは、県の指定を受けた居宅介護支援事業所に所属しています。
2.事業所と契約を結びます
 居宅サービス計画の作成を依頼する事業者が決まったら、市に「居宅サービス計画作成依頼届出書」を提出します。
3.ケアマネジャーがケアプランを作成します
4.ケアプランに基づいて、サービス利用開始となります

 

施設サービスを利用する場合  

・要介護1以上の人が利用できます。
1.施設に直接申し込んで契約を結びます
 主治医やケアマネジャーと相談のうえ、自分にあった施設を選び、直接施設に申し込んで下さい。
  ・介護老人福祉施設
  ・介護老人保健施設
  ・介護療養型医療施設

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:市民福祉部 長寿福祉課介護保険グループ    介護保険グループトップページへ戻る

電話: 0778-22-3715 ファックス: 0778-22-3257
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: tyoujyu@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)