文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

介護保険の負担割合について

更新日 2017年2月24日 情報発信元:長寿福祉課

平成27年8月1日から介護保険の費用負担が変わります  

 一定以上所得のある方は、介護サービスを利用した時の負担割合が1割から2割になります。

介護サービスを受けている方全員に負担割合証を郵送します。

介護保険被保険者証と一緒にケアマネジャーやサービス提供事業者へ提示してください(毎月)。

利用者負担判定の流れ 

65歳以上
の方

合計所得
160万円以上

下記以外の場合

2割負担

同一世帯に65歳以上の方(本人含む。)が

年金収入 + その他の合計所得金額 < 1人の場合:280万円
                           2人以上いる場合:合計346万円

1割負担
合計所得
160万円未満
市民税非課税
生活保護受給者
64歳以下
の方

市民税の所得更正があった方、世帯の方に異動(転出入・転居・死亡等)があった方、65歳になった方等は、年度途中で負担割合が変更になる場合があります。

なお、月々の利用者負担には上限があるため、2割になったすべての方が2倍になるわけではありません。
月々の負担の上限については、高額介護サービス費をご確認ください。

負担割合証の再交付申請書はこちら

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:市民福祉部 長寿福祉課介護保険グループ    介護保険グループトップページへ戻る

電話: 0778-22-3715 ファックス: 0778-22-3257
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: tyoujyu@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)