文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

マダニに注意! イヌからヒトへの感染が確認されました!

更新日 2017年10月11日 情報発信元:健康増進課

マダニ等に咬まれると、病気にかかる可能性があります! 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

重症熱性血小板減少症候群(SFTS) とは、新しいウイルス(SFTSウイルス)に感染することによって引き起こされる病気で、主にウイルスをもったマダニ類(フタトゲチマダニなど)に咬まれることによって感染します。
また、国内でこの病気を発症したイヌからヒトに感染した事例が確認されています。

マダニの活動期である春から秋にかけて患者が発生しており、主な症状は発熱と消化器症状(食欲低下、嘔吐、下痢、腹痛など)で、重症化し、死亡することもあります。現在のところSFTSウイルスに対して有効なワクチンはありません。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A 【厚生労働省作成】

 

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)にかからないためには

マダニに咬まれないようにすることが重要です。特にマダニの活動が盛んな春から秋にかけては、マダニに咬まれる危険性が高まります。
また、SFTSを発症した動物からも感染するリスクがありますので注意しましょう

ペットや野生動物からの感染にも注意しましょう

  • ペットが体調不良の際はすぐに動物病院を受診しましょう
  • 飼育犬や猫にはノミ、ダニの駆除薬を定期亭に投与してください
  • SFTSなどの動物からの感染症を防ぐために、ペットとの過剰なふれあいは避けましょう
  • 野生動物はどのような病原体を保有しているかわからないので接触を避けましょう

草むらや藪など、マダニが多く生息する場所に入る場合には

  • 長袖・長ズボン・足を完全に覆う靴(サンダル等は避ける)、帽子、手袋を着用し、首にタオルを巻く等、肌の露出を少なくすること。
  • 服は、明るい色のもの(マダニを目視で確認しやすい)がお薦めです。
  • DEET(ディート)という成分を含む虫除け剤の中には服の上から用いるタイプがあり、補助的な効果があると言われています。
  • 屋外活動後は入浴し、マダニに刺されていないか確認して下さい。特に、わきの下、足の付け根、手首、膝の裏、胸の下、頭部(髪の毛の中)などがポイントです

 服装

※国立感染症研究所作成「マダニ対策、今できること」より

もし、マダニに咬まれたら

マダニ類の多くは、ヒトや動物に取り付くと、皮膚にしっかりと口器を突き刺し、長時間(数日から、長いものは10日間以上)吸血しますが、咬まれたことに気がつかない場合も多いと言われています。吸血中のマダニに気が付いた際、無理に引き抜こうとするとマダニの一部が皮膚内に残って化膿したり、マダニの体液を逆流させてしまったりする恐れがあるので、医療機関(皮膚科)で処置(マダニの除去、洗浄など)をしてもらってください。また、マダニに咬まれた後、数週間程度は体調の変化に注意をし、発熱等の症状が認められた場合は直ちに医療機関で診察を受けて下さい。

詳しい情報はこちら(リンク)

福井県ホームページ「野外で作業などを行う場合は、ダニ類に咬まれないように注意しましょう!」

厚生労働省ホームページ「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について」

国立感染症研究所ホームページ「重症熱性血小板減少症候群(SFTS) 」

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウエアをダウンロードしてご覧ください。
Adobe Readerのダウンロード

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:市民福祉部 健康増進課    健康増進課トップページへ戻る

電話: 0778-24-2221 ファックス: 0778-24-5885
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: kenkou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)