文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

黄熱について

更新日 2016年5月24日 情報発信元:健康増進課

 

黄熱について

黄熱は、どのような病気ですか?

黄熱は、ジカウイルス感染症やデング熱、日本脳炎などの感染症の原因となるウイルスと近縁の黄熱ウイルスに感染することにより起こる蚊によって媒介される感染症です。
感染すると、発熱・寒気などの症状を呈することがあり、さらに一部の患者で重症化し、適切な治療を行わないと死に至る場合があります。
 

どのように感染するのですか?

黄熱ウイルスを持った蚊がヒトを吸血することで感染します。基本的に、感染したヒトからヒトへ感染することはありません。
また、感染しても全員が発症するわけではなく、症状がないか、軽い症状のみで軽快する場合が大半です。  
  

日本国内での発生はありますか?

第二次世界大戦終戦以後、日本国内で感染した例はこれまで報告はありません。ただし、アフリカや中南米などの流行地域に渡航し、発症した例が報告されています。
 

治療薬はありますか?

黄熱ウイルスに対する有効な薬は見つかっておらず、対症療法が中心です。有効なワクチンがあり予防することができます。
 

黄熱流行地域に渡航する場合は、どのように予防すればよいですか?

流行地域に入国する10日前までに黄熱の予防接種を打ちましょう。国によっては、入国に際し、黄熱の予防接種証明書の提示を求められる場合があります。
また、流行地域では、その他の蚊媒介感染症の流行も見られることから、渡航先では長袖長ズボン、虫よけスプレーなどを用い蚊に刺されないよう注意しましょう。
 

妊婦や胎児に黄熱は影響しますか?

黄熱については、これまでのところ、ジカウイルス感染症のような胎児の先天性障害の関係は指摘されていません。

厚生労働省ホームページ 「黄熱について」    

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:市民福祉部 健康増進課    健康増進課トップページへ戻る

電話: 0778-24-2221 ファックス: 0778-24-5885
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: kenkou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)