文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

海外渡航する方へ 『麻しん(はしか)』にご注意ください。

更新日 2018年5月1日 情報発信元:健康増進課

『麻しん(はしか)』は世界で流行している感染症です。

 海外からの輸入症例を契機として、沖縄県で麻しん患者数の増加が報告され、その後、沖縄県内で感染した方が、他県において発症している状況です。
 ゴールデンウィークもあり、国内・海外の旅行等で人の移動が活発化する時期です。
 麻しん(はしか)は、世界で流行している感染症ですので、海外に渡航する方で、麻しんにかかったことがあきらかではない場合は、次のことをご留意ください。

1.麻しんにかかったことが明らかでない場合、渡航前には、麻しんの予防接種(麻しん、MR)歴を母子健康手帳等で確認し、2回接種して いない場合は予防接種を検討してください。
  ※麻しんの既往歴や予防接種歴が不明の場合は抗体検査を検討してください。

2.帰国後には、2週間程度は麻しん発症の可能性も考慮して健康状態に注意しましょう。

麻しん

麻しん-2

参考

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:市民福祉部 健康増進課    健康増進課トップページへ戻る

電話: 0778-24-2221 ファックス: 0778-24-5885
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: kenkou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)