文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

非婚のひとり親家庭への寡婦(寡夫)控除のみなし適用を実施します

更新日 2017年2月5日 情報発信元:子ども福祉課

非婚のひとり親家庭への寡婦(寡夫)控除のみなし適用を実施します。

平成26年4月から保育料に適用します。

ひとり親家庭のうち、配偶者と死別・離別した場合は、税制上の寡婦(寡夫)控除の措置がありますが、非婚の場合は適用されませんでした。

越前市では平成26年4月より、非婚のひとり親家庭の保育料について、寡婦(寡夫)控除をみなし適用し、負担の軽減を図ります。

みなし適用における注意事項

1 負担軽減の適用を受けるには申請が必要です。

2 寡婦(寡夫)控除のみなし適用を行っても、保育料が変わらない場合があります。

3 要件等、詳細については、子ども福祉課までお問合せください。

「寡婦(寡夫)控除みなし適用」申立書

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:市民福祉部 子ども福祉課    子ども福祉課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3006 ファックス: 0778-22-9185
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: jidou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)