文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

子育てワンポイントアドバイス ~熱中症予防(食事編)~

更新日 2013年7月24日 情報発信元:子ども福祉課

熱中症に負けない体を作ろう!!

 

 夏

     気温の高い日が続き、全国的に熱中症で倒れる方がたくさん出ています。

     熱中症にならない為には、炎天下での作業時間・運動時間に気をつけることや、                    

     塩分水分をこまめに摂取することなどが重要です。

     しかし、睡眠不足や栄養不足の状態では、どれだけ気を付けていても熱中症になりやすい

     カラダになってしまいます。

   

     日ごろから熱中症になりにくいカラダにするために、熱中症を予防する食べ物を意識して摂取するようにしましょう。

 

 豚

  夏は、体にこもった熱を発散させるために、たくさんの汗をかきます。

汗と一緒に体に必要なビタミンB群が排泄されるため、体がだるくなるのです。

暑いからといって、アイスクリームや清涼飲料水をとりすぎると食事が進まなくなり、

糖分のとりすぎにもなります。

          

           《夏バテを予防する食べ物はビタミンB1》 

ビタミンB1が豊富に含まれている、豚肉・うなぎ・大豆・きのこ類・ごまなどをとりましょう。

また、ねぎ・にんにく・にらにはビタミンB1の吸収を良くしてくれるアリシンが含まれています。上手に利用しましょう。

 

 

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:市民福祉部 子ども福祉課    子ども福祉課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3006 ファックス: 0778-22-9185
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: jidou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)