越前市子ども条例を制定しました

最終更新日 2012年6月21日

情報発信元 子ども福祉課

PAGE-ID:4613

越前市では、市のまちづくりの基本理念である協働により子どもの自立につながる取組を推進し、全ての子どもの自立を実現するために、「越前市子ども条例」を制定しました。 

目的

この条例は、基本理念及び私たちの取組の基本となる事項を定め、家庭、学校等、地域自治組織・市民活動組織、児童福祉施設、事業者、市民及び市が協働し、一体となって、私たちの取組を実行し、将来にわたり全ての子どもの自立を実現することを目的とします。

定義

子どもとは、市内に暮らすおおよそ18歳未満の者をいいます。
自立とは、ありのままの自分を素直に認めて受け入れ、自分のすべきことについて自分で決定し、そして社会の一員であることを自覚していくことをいいます。

基本理念

子どもは、日本国憲法の精神に従い定められた児童憲章の理念の下、生まれた時から持っている人間らしく生きる権利を守られます。

越前市子ども条例 (全文)(PDF形式:17キロバイト)

情報発信元

市民福祉部 子ども福祉課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)