夢をはぐくむはじめのいっぽ事業(ブックスタート)

最終更新日 2018年12月7日

情報発信元 子ども福祉課

PAGE-ID:7488

「でもね、ママの声がいちばんすき」3月20日・・・(夢をはぐくむはじめのいっぽ事業)

産まれて150日余。絵本から出てくる色々な絵や音に、とびっきりの笑顔に。楽しいから。それと、読んでくれる、優しくしてくれる大人へのメッセージ。「きれいな絵だね」「おいしそう」、そんな語りかけが「育ち」には大切。うまい下手じゃない。ママの声が一番好き。

一番しみ込んでいきます。

赤ちゃん033
赤ちゃん054
赤ちゃん007
赤ちゃん085
赤ちゃん911
赤ちゃん009
赤ちゃん921
赤ちゃん680
赤ちゃん888
赤ちゃん501

手は第二の脳 「さわってたしかめたいんだ」・・・(夢をはぐくむはじめのいっぽ事業)

10本の指と手のひらの表面積は、体全体の表面積の十分の一程度。でも、運動や感覚など、指と手の動きに関わる脳の領域は脳全体の約三分の一と言われています。第二の脳といわれる所以。ブックスタートでも、まず、自分の手でさわって確かめようとする好奇心いっぱいの赤ちゃんばかりでした。

赤ちゃん22
赤ちゃん33
赤ちゃん44
赤ちゃん66
赤ちゃん88
赤ちゃん78
赤ちゃん56
赤ちゃん789

 

赤ちゃん975
赤ちゃん880

「ぬいぐるみ?」 みんなホカホカだよ・・・(夢をはぐくむはじめのいっぽ事業)

1月の5か月児セミナーは、まだたくさんの積雪。人生初?の大寒のお出かけ仕様は、どの子もぬいぐるみのようなかわいらしさでした。身を乗り出して絵本の世界に入っていく子、読み手の次の言葉を今か今かと待っている子。表情を見ながら読み進め、一緒に笑ったり、悲しんだり・・・。どの子も、スポンジが水を吸収するような力を感じました。

赤ちゃん09
赤ちゃん075
赤ちゃん653
赤ちゃん358
赤ちゃん692
赤ちゃん928
赤ちゃん885
赤ちゃん9145

「さあ どうぞ」でお口がもぐもぐ 動きます・・・(夢をはぐくむはじめのいっぽ事業)

くだものの絵本。「さあ、どうぞ。」の声に、口を動かしたり、自分で絵本の中からつかもうとしたり、しっかりと絵本の中に入っています。生まれてまだ150日ほど。でも、語りかける言葉が、しっかりと伝わっていることがわかります。話さないけど、話せないけど、しっかり聞いています。たくさん、たくさん話しかけてください。堰(せき)を切ったように話し出す日を、楽しみに待ちながら・・・。

赤ちゃん009
赤ちゃん008

 

赤ちゃん0987
赤ちゃん8907
赤ちゃん876
赤ちゃん654
赤ちゃん423
赤ちゃん5432

赤ちゃんを思う気持ちが、からだ全体から・・・(夢をはぐくむはじめのいっぽ事業)

産まれてまだ五ケ月。初めての絵本に、「見てるの?」「こっちよ、絵本は」「わらってる!」・・・お父さんもお母さんも赤ちゃんの反応に興味津々。我が子を愛おしく思う気持ちが、表情はもとより背中や指の先にまで表れています。ご本人は気が付かれてないでしょう・・・。

赤ちゃん011
赤ちゃん342
赤ちゃん765
赤ちゃん832
赤ちゃん651
赤ちゃん721

 

赤ちゃん963
赤ちゃん470

からだも こころも あたたかい(夢をはぐくむはじめのいっぽ事業)

10月のブックスタートは肌寒い日となりました。こんな日の抱っこは最高のホットスポット。ママもホッカホカ。ご機嫌な環境での絵本は楽しさ倍増でした。今日のお友達は同級生。みんなよろしくね。ママもよろしくね。

赤ちゃん1
赤ちゃん2
赤ちゃん3
赤ちゃん4
赤ちゃん5
赤ちゃん6
赤ちゃん7
赤ちゃん8

よだれもでてきます(夢をはぐくむはじめのいっぽ事業)

いろんな果物が出てくる絵本『くだもの』。ページごとに「さあ、どうぞ。」って言われると、口をもぐもぐさせたり、よだれがでたりと、すっかり絵本の中に・・・。手を伸ばして、つかもうとする赤ちゃんもいました。今回は、読み手が向き合う以外に、赤ちゃんとお母さんに寄り添う位置に座って読んでみました。絵本『くっついた』では、最後に「あかちゃんとおかあさんに、くっついたぁ~」と読み聞かせボラがアドリブで、二人にくっつくアクション付の読みも登場しました。

赤ちゃん99
赤ちゃん98

 

赤ちゃん97
赤ちゃん96
赤ちゃん95
赤ちゃん966

 

赤ちゃん009
赤ちゃん777

おかあさんの特権(夢をはぐくむはじめのいっぽ事業)

あかちゃんの手やほおだけでなく、心のはだも柔らかい。おかあさんはもとより周りの大人の心も優しくしてくれます。「ずっとこのままで・・・」そんな気持ちになってしまいます。あっという間に成長してしまう我が子・・・ちょっぴりさびしく思うのはおかあさんの特権。

抱っこしながらのスマホや、ビデオの子守では子どもは育ちません。赤ちゃんは、おかあさんの時間を食べて育ちます。

ブック881
ブック882
ブック883
ブック884
ブック889
ブック999

 

ブック777
ブック890

あついけど だっこがいちばん (夢をはぐくむはじめのいっぽ事業)

梅雨明け目前の7月のブックスタートは26日。どんなに蒸し暑くても、お母さんの膝の上は特等席。安心と健診の疲れも出て、ついつい眠ってしまう赤ちゃんも・・・。

大好きな絵本には、大好きなページがあります。そのページが出てくるのを今か今かと待って、出てくると大喜び。大好きな絵本は100回でも200回でも読んでほしい。お話ができるようになると、字は読めないのに、声を出して読むようなことが出てきます。 

赤ちゃん7の1
赤ちゃん7の2
赤ちゃん7の3
赤ちゃん7の5ブックスタート

 

赤ちゃん7の6
赤ちゃん赤ちゃん7

たくさん泣いて、寝て、大きくなるのよ(夢をはぐくむはじめのいっぽ事業)

6月のブックスタート。音や色に興味を示すあかちゃん・・・。泣いたり、すやすや寝ているあかちゃんもいます。泣いたり、寝ていたりすれば、お母さんに絵本の楽しさをお伝えします。ゆったりとしたお母さんの気持ちに抱っこされていることが一番。生まれて初めて同級生と集うのが五ケ月児健診ですが、もうすでに、自分は自分。みんな違って、みんないい。

赤ちゃんb1
赤ちゃんb2
赤ちゃんb3
赤ちゃんb4
赤ちゃんb5
赤ちゃんb8

 

赤ちゃんb7
赤ちゃんb99

ママ、えほんってたのしいね(夢をはぐくむはじめのいっぽ事業)

5月の五か月児健診後のブックスタートも、赤ちゃんの笑い声,(少しの)泣き声の中すすめられました。生まれてから半年にも満たない赤ちゃんが、絵や音に高い関心を示す様子に驚かされます。泣いてた赤ちゃんのお母さん、心配無用です。1人1人のペースがあります。ゆったりしたお母さんの気持ちが一番赤ちゃんをリラックスさせます。ボランティアさんの読んだ三冊の中から一冊を、市からプレゼントしました。家でも一緒に楽しい時間を過ごしてください。

ブックスタート5-1
ブックスタート1
ブックスタート5-3
ブックスタート5-4
ブックスタート5-5
ブックスタート5-6

ママ、しってた?ぼくしらんかった!

お母さんの膝の上に抱っこされての初めての読み聞かせ会でした。『いないいないばあ』、『どうぶつのあかちゃん』、『がちゃがちゃどんどん』の三冊は、音の響きが楽しかったり、絵がきれいだったり。赤ちゃんも笑ったり、身をのりだしたりと、あっという間に絵本の世界に入り込みました。抱っこしているお母さんも笑顔になって、健診会場が優しい雰囲気に包まれました。帰りに、三冊の中で一番楽しかった絵本を一冊プレゼントさせていただきました。

五か月児健診に来られなかった赤ちゃんは5月31日(水曜日)にお越しください。その日も欠席された場合は、中央図書館等で絵本をお渡しします。子ども・子育て相談室からのお手紙を参照ください。

赤ちゃんとお母さん1

 

赤ちゃんとお母さん2

 

赤ちゃんとお母さん3

 

赤ちゃんとお母さん4

 

赤ちゃんとお母さん5

情報発信元

市民福祉部 子ども福祉課子ども・子育て総合相談室

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)