個人情報の誤掲載に関する対応状況及び閲覧状況の調査結果等について(2月9日)

最終更新日 2022年2月10日

情報発信元 社会福祉課

PAGE-ID:10103

個人情報の誤掲載に関する対応状況及び閲覧状況の調査結果等について(社会福祉課)(2月9日)

 1月8日に発表いたしました、本市の障がい福祉に関する個人情報の市ホームページへの誤掲載につきまして、専門家の支援を受けながら行ったホームページの閲覧状況の調査結果等を以下のとおり報告いたします。

 

 ➀調査結果について

  公開されていた2つのファイルへのアクセス件数  31件

   内、個人を特定できるファイルへのアクセス件数  4件

    内、今般のプロポーザル参加予定の事業者からの閲覧     3件

      クラウドサービス提供会社が管理するアドレスからの閲覧   1件

 

 ➁対処について

  上記プロポーザル参加予定事業者及びクラウドサービス提供会社に対して、データの削除を

 依頼しました。

  専門家からは、「常識的に考えると2次被害が起こることは極めて低いと思われる。」との

 コメントをいただいています。

  なお、これまでの一か月の間に、特に二次被害は確認されておりませんが、今後も相談窓口を

 継続し、対象者の皆様に不審な電話が入るなどの異変が生じた場合には、直ちに消費者センター、

 越前警察署のサイバー担当部署と連携しつつ対応してまいります。

 

 ➂再発防止策について

  今般の事故を重く受け止め、以下のとおり全庁的にセキュリティ対策全体を見直します。

  (1)人的対策より技術的対策に変更します

    ・ホームページ公開ファイルのファイル形式及びファイル容量の制限設定

    ・公開ファイルの確認をしないと次に進めないチェック機能の追加

    ・業務システムからの個人情報データを抜き出しできる権限者の制限機能の追加

  (2)先進的な技術や先進的な制度を取り入れます

    ・悪意ある動作を防止するシステムを端末機に導入

    ・日本システム監査人協会の監修を受けた内部監査の実施

  (3)人的対策の更なる強化を行います

    ・全職員対象の研修の追加実施

    ・セキュリティ対策に関する手順書等の改定

 

 結びに、このたびの事態につきまして改めて深くお詫び申し上げますとともに、市民の皆様の信頼の回復に全力を尽くし、二度とこのような事態が起きないよう、再発防止に取り組んでまいります。

個人情報の取り扱いに関するお詫び(社会福祉課)(1月11日追記)

 この度、本市の障がい福祉に関する個人情報が、令和4年1月4日から令和4年1月7日まで、市ホームページ上で閲覧可能となっておりました。

 状況としましては、今般、令和4年度からの導入を予定していた「越前市障がい者福祉システム賃貸借及び保守業務」に係る公募型プロポーザルを実施するにあたり、関連する様式、参考資料等を市ホームページに公開したところ、参考資料のエクセル表の中に個人情報が含まれた状態で公開していたことが明らかになり、判明後ただちに掲載を中止したところです。

 現時点では、情報流出の有無は確認できていない状況ですが、まずはこのような事態が発生したことをいち早くお知らせするため公表するものでございます。

 このたびの事態を招いたことで、市民の皆様には、多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。

 引き続き、詳細に被害状況を調査し対策を進め、進捗状況につきましては適宜公表してまいる所存でありますが、関係する皆様にご心配なことがございましたら、誠実に対応してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 なお、今回誤掲載された内容には、障がいのある方ではなく、過去に福祉サービスの利用をおこなった方の情報も含まれておりました。

情報発信元

市民福祉部 社会福祉課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)