文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

妻がパートタイムで働いている場合、妻は収入いくらから税金がかかりますか。また、いくらまでなら夫の扶養になれますか?(平成30年分以後)

更新日 2018年11月6日 情報発信元:税務課

回答

例:妻がパートタイムで働き、それ以外の収入がない場合。

妻のパート収入と税金について
 


妻のパート収入
(給与収入)

妻は
所得税が

妻は
市・県民税
所得割が

妻は
市・県民税
均等割額が

夫は
配偶者控除を
(注2)

夫は
配偶者特別控除を
(注2)

93万円以下

かからない

かからない

かからない

受けられる

受けられない

98万円以下

かかる
場合がある 
(注1)

103万円以下

かかる
場合がある
(注1)

103万円超
201万6千円未満

かかる
場合がある
(注1)

受けられない

受けられる

201万6千円以上

受けられない


注1.市・県民税や所得税は、収入金額及び所得控除や税額控除の額、扶養者の人数によって、
    かかる場合とかからない場合があります。
注2.夫の所得が1000万円を超えている場合は、配偶者控除及び配偶者特別控除は受けられません。
    また、配偶者控除を受ける場合には、配偶者特別控除は受けられません。

※パートタイムの収入のみ(給与収入のみ)で算定しているため、それ以外の収入がある場合は異なります。
※健康保険の扶養や扶養手当の扶養とは判定に使われる所得金額が異なります。
  健康保険や扶養手当の扶養の判定については、勤務先などにご相談ください。

平成30年分以後の配偶者控除、配偶者特別控除の控除額一覧表はこちらをご確認ください。(PDF形式)

情報配信元:企画部 税務課    税務課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3014 ファックス: 0778-24-5149
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: zeimu@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)