文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

新しく家を建てたのですが家屋調査ってどんなことをするのですか。

更新日 2018年6月4日 情報発信元:税務課

回答

 家屋の固定資産税は、毎年1月1日に建っている家屋に対して課税するものです。新築・増築された家屋について評価額を算定するため、完成後に税務課職員が現場にお伺いして調査いたします。
 調査の日程は、7月頃から年末にかけて税務課から連絡いたしますが、入居前に調査を希望される場合は、ご連絡いただければ日程を調整いたします。

 調査の際は、建物平面図・立面図をご提供いただきますので、ご協力をお願いいたします。
 家屋の屋根、外壁、基礎、設備等について外から確認し、柱、天井、床、建具、設備等について屋内から確認いたします。評価方法の都合上、一部屋ずつ押入れ等も拝見させて頂きます。ご了承ください。
 家屋の大きさや構造によりますが、所要時間は説明を含めて30分から1時間程度です。

情報配信元:企画部 税務課    税務課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3014 ファックス: 0778-24-5149
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: zeimu@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)