文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

障害者の手帳をとりましたが、税金面でどんなことができますか。

更新日 2017年3月16日 情報発信元:税務収納課

回答

所得税については、普通障害で27万円・特別障害で40万円の障害者控除があります。なお、同居の特別障害の方を扶養している場合は扶養控除に35万円の加算がつきます。
市県民税については普通障害26万円・特別障害30万円の障害者控除があり、なおかつ同居の場合23万円の加算があります。また市県民税の場合本人が障害者で所得が125万円以下ですと非課税措置があります。
軽自動車税については障害の程度や本人・家族運転などにより条件がことなりますが、条件を満たした場合については1人につき1台減免されます。

情報配信元:企画部 税務収納課    税務収納課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3014 ファックス: 0778-24-5149
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: zeimu@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)