文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

都市計画税について

更新日 2017年2月28日 情報発信元:税務収納課

都市計画税とは

都市計画税とは、道路や公園、下水道等の都市計画事業を行う費用にあてるために目的税として課税されるものです。
税率は、地方税法で0.3%を上限として課税することができると定められています。
越前市の場合、税率は条例により0.2%と定めています。

都市計画税の対象となる資産は

都市計画区域内に所在する土地及び家屋が課税対象となります。
償却資産には課税されません。
→都市計画についてはこちら

  • 用途区域内
    すべての土地及び家屋が課税対象になります。
  • 都市計画区域内で用途区域外
    土地(農地や山林等は除く)及び家屋が課税対象になります。
  • 都市計画区域外
    課税対象になりません。

イメージ

都市計画税の計算方法は

都市計画税の課税標準額×0.2%

都市計画税の課税標準額は、原則として固定資産税の課税標準額と同じです。
ただし、住宅用地につきましては特例及び負担調整措置がありますので固定資産税の課税標準額と同額になりません。
また、家屋につきましては新築住宅に対する都市計画税の減額措置はありません。

→住宅用地に対する軽減及び宅地の負担調整措置についてはこちら
→新築住宅の固定資産税減額措置についてはこちら

免税点について

越前市内に同一人が所有する固定資産税の課税標準額の合計が次の金額に満たない場合は、固定資産税及び都市計画税は課税されません。

  • 土地:30万円
  • 家屋:20万円

納付方法と納期限

固定資産税と合わせて納めていただきます。納期限も固定資産税と同じです。

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:企画部 税務収納課    税務収納課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3014 ファックス: 0778-24-5149
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: zeimu@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)