新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からの市民バス「のろっさ」の利用時のお願いについて

最終更新日 2020年4月2日

情報発信元 総合交通政策課

PAGE-ID:9029

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、利用時には「マスクの着用」、ティッシュ等で鼻・口を覆う等「咳エチケット」を行うようお願いいたします。

また、発熱または咳などの呼吸器症状がある場合は、極力ご利用を控えていただきますようお願いいたします。

  kansen2

次の症状がある方は医療機関を受診する前に保健所(帰国者・接触者相談センター)にご相談ください

 〇風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。

  (解熱剤を飲み続ければならないときを含みます。)

 〇強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。 

  ※高齢者や基礎疾患のある方、抗がん剤等を用いている方は重症化しやすいため、

     この状態が2日以上続く場合には、保健所(帰国者・接触者相談センター)にご相談ください。

    ・最寄りの保健所:丹南福祉健康センター(丹南保健所) 
                                        電話 0778‐51-0034  ファクス 0778-51-7804

 

 保健所(帰国者・接触者相談センター) でご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、
 専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受信してください。

 

 詳しくはこちらをご覧ください。→新型コロナウイルスを防ぐには