文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

しらやま振興会の活動紹介

更新日 2017年8月14日 情報発信元:市民自治推進課

SATOYAMAスタジオのイメージしらやま振興会の活動紹介

活動事例 1 : 人も生き物も元気がでる里地里山を創る事業 

地域の現状

白山地区では、少子高齢化と人口減少が加速し、農業の後継者不足のため、耕作放棄地が増加し、地域の基幹産業である農業は厳しい状況に置かれています。林業についても、大量消費社会の中で生活様式が変化し、国産木材の需要が低下し、山林の荒廃が進んでいます。
白山地区の財産である貴重な里地里山の自然環境を生かした、地域活性化の取組みが、一体化していないことが課題とされています。そこで、地域の特性を生かす中で、都市部でのまちなか交流事業や、「しらやま大使」と「しらやまファンクラブ」事業、市民活動団体との連携を行うことで、地域の活性化に取り組んでいます。
 

事業の内容

  • 農家民宿家庭の発掘と申請 (平成20年度実績 : 4軒の農家民宿が誕生)
  • 地区農家と他団体との情報交換 (平成20年度実績 : 「里地里山セミナ-」を開催) 
    ・コウノトリを呼び戻す農法の普及、 実施水田の拡大、「コウノトリ農法研修」の開催(平成20年度:3回実施)
    ・米油ドレッシングによる地産地消アイデアと 地域おこし研修(平成21年1月10日実施)
    ・里山を生かした農業のあり方 (平成21年3月1日実施)

コウノトリを呼び戻す農業の普及研修里地里山セミナーの様子

  • 地区外の人々との交流 (まちなか交流事業)
    ・川遊び&ホタル観察(平成20年6月14日実施)
    ・赤とんぼの街づくり写生大会(平成20年8月9日実施)
    ・里山ウォーク(平成20年11月9日実施)
    ・お菓子づくりと星空観察会(平成21年2月28日実施)

川遊びアンドホタル観察 赤とんぼ写生大会
 

活動事例 2 : 越前しらやま「SATOYAMAスタジオ」開設事業

地域の現状

白山地区は、全国4箇所の「里地里山保全再生モデル事業」の実施地域に指定され、「日本の里山100選」にも選ばれているなど、懐かしい日本の原風景が保全されている地域です。また、コウノトリをシンボルとした里地里山や生物多様性の保全再生、環境調和型農業の推進に積極的に取り組んでいます。また、しらやま大使、しらやまファンクラブ事業等のPR活動にも取り組んでいるものの、情報発信の取組みが不十分なためか、知名度の向上と経済活動の活性化に繋がっていません。また、これらの活動の主体が、50から60才代を中心とした年齢層となっており、次世代を担う若者の参加は極めて少ないのが現状です。
 

事業の内容

20才代の若者を中心としたメンバーが、「たんなん夢レディオ(たんなんFM)」の番組制作を手掛け、地域の魅力を生放送で伝えています。

白山公民館内に「SATOYAMAスタジオ」を開設し、毎月第2・4日曜日の午後1時~午後2時に、「FMラジオ」とインターネットの動画中継サイト「Ustream(ユーストリーム)」を活用し、丹南地域のみならず、全国へ情報を発信し、将来のネットショップ等に繋げていきたいと考えています。また、過去の番組は、ユーチューブで視聴することができます。

番組では、「しらやま夏祭り」、「金華山まつり」、「しらやま冬ものがたり」などの、イベントの報告や紹介を行いました。また、「白山で活躍されている方の紹介コーナー」では、多くの方の出演しています。

スタジオの様子

スタジオの様子2スタジオの様子1

事業の効果

・番組制作のスタッフの輪を広げていく中で、自分の育った白山地区に対する愛着・誇り・郷土愛を持つように働きかけ、地区の人口減少や少子化に歯止めをかけていきたいと考えています。この事業によって、そのきっかけができました。

 

活動事例 3 : 「五感で感じる!ほたるの里『ほたるカフェ』 事業

事業の概要

越前市では、様々な人が集まり、つながり、行動し、そして伝えることで、生き物がたくさん住む里地里山を取り戻し、人と生き物が共生するために、『コウノトリが舞う里づくり構想』を展開しています。この白山地区でも、縁のあるコウノトリを生物多様性や自然再生のシンボルとして位置づけ、里地里山や生物多様性の保全再生、環境調和型農業の推進に取り組んでいます。
その中で、しらやま振興会は今年6月に、廃校になった小学校を活用し、『ほたるカフェ』をオープンしました。「しらやまシスターズ&ブラザーズ」のスタッフが、地元食材で作った「白山さんちのお昼ごはん」や、しらやまのイメージでブレンドした「ホワイトマウンティン・コーヒー」などで「お、も、て、な、し」をしました。この企画は、国交省の「水の里コンテスト2013」において、地域が一体となって取組む中で、初夏の里山を満喫できるプランとして高い評価を受け、最優秀賞を受賞しました。
今後は『ほたるカフェ』を、里地里山ガイドやエコ・グリーンツーリズム事業の拠点として、また「しらやまブランド認証制度」の確立を図るため、農林産物の販売PRや情報発信基地として活用し、地域の活性化と経済効果の創出に繋がるよう取り組みを進めます。

看板1看板2店員

体育館廊下コーヒー

しらやま振興会 広報 『しらやま』

広報 『しらやま』 一覧へ

しらやま振興会総会資料

平成29年度総会資料平成29年度しらやま振興会総会資料(PDF形式 10,014キロバイト)

平成28年度総会資料 平成28年度しらやま振興会総会資料(PDF形式:3,630KB)

平成27年度総会資料 平成27年度しらやま振興会総会資料(PDF形式:4,723KB)
 

しらやま振興会のホームページ

1 水と緑いきいき里地里山 しらやま振興会 www2.ttn.ne.jp/~s-shinkou/

2 越前しらやまのおもてなし www.echizen-shirayama.com

場所情報

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:総務部 市民自治推進課    市民自治推進課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3293 ファックス: 0778-22-3264
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: chiiki@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)