新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮についてお願い

最終更新日 2020年5月27日

情報発信元 市民協働課

PAGE-ID:9074

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮についてお願い

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している中、インターネット上のサイトやSNS等で、感染症や関係者に対する誹謗中傷や心ない書き込み等が広がっています。

新型コロナウイルス感染症に関連したデマによる、不当な差別、偏見、いじめ等は決して許されるものではありません。

また、感染した人とその家族、治療をしている医療関係者などに対し、差別するようなことは絶対にしないでください。新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染する可能性がある病気です。

そうした差別や偏見等がひろがることは、新型コロナウイルス感染症に対する人々の不安を煽り、感染症拡大防止の妨げにもなります。

不確かな情報に惑わされたり、必要以上に恐れたりすることなく、一人一人がお互いを思いやり、冷静に行動していただきますよう、お願いいたします。

人権相談窓口

法務省の人権相談機関では、不当な差別やいじめ等の様々な人権問題についての相談を受け付けています。

gazo 

○ みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)
  0570-003-110 (平日午前8時30分から午後5時15分まで )

○ 子どもの人権110番
  0120-007-110 (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

○ 外国語人権相談ダイヤル
  0570-090911  (平日午前9時00分から午後5時00分まで)

○ 女性の人権ホットライン
  0570-070-810  (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

インターネットでの人権相談
○ インターネット人権相談(法務省)

STOP!コロナ差別差別をなくし正しい理解を―

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19の蔓延は、病気としての問題だけでなく、この病気が感染症であることから、社会不安を増大させ、感染者、医療従事者だけでなく、その家族や近隣の人々に対しても不当な差別やいじめなどの人権侵害が増大するという大きな問題を生んでいます。
 恐れるべきは人ではなくウイルスです。病気を理由に人を差別したり、職業や属性だけでレッテルを貼り排除することは絶対に許容できません。

人権教育啓発推進センター では、「STOP!コロナ差別 ― 差別をなくし正しい理解を ― キャンペーン」を展開し、各界で活躍されている方からのビデオメッセージを掲載しています。

「新型コロナウイルスと人権」情報リンク集
国内外の新型コロナウイルスと人権に関するサイトへのリンク一覧です。

他の言語のチラシ

Cuidado com os abusos dos direitos humanosrelacionados à infecção pelo novo Coronavírus (ポルトガル語チラシ)

CÙNG NHAU CẢNH GIÁC VỚI VIỆC VI PHẠM NHÂN QUYỀN LIÊN QUAN ĐẾN BỆNH TRUYỀN NHIỄM DO CHỦNG VIRUT MỚI CORONA(ベトナム語チラシ)

请大家当心有关新冠肺炎感染症的人权侵害(中国語チラシ)

リンク

法務省人権擁護局「新型コロナウイルス感染症に関連して-不当な差別や偏見をなくしましょう-」

福井地方法務局「人権相談窓口のご案内」
 

情報発信元

総務部 市民協働課ダイバーシティ推進室

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)