「越前市避難場所開設・運営マニュアル」に感染症予防対応を追加しました

最終更新日 2020年4月28日

情報発信元 防災危機管理課

PAGE-ID:9172

新型コロナウイルス感染症が広がるなか、災害が発生した場合に備えて、国が発出した「避難所における新型コロナウイルス感染症への対応」に関する通知をもとに、市避難場所開設・運営マニュアルに感染症予防対応を追加し、4月27日に決定しました。

主な内容

1.避難所の開設

・避難所担当職員は、感染症予防のため、マスク及び手袋(医療用使い捨て等)を装着すること。

・避難所へ避難された全ての人に対して検温(非接触型体温計を使用)を実施する。

 

2.避難場所スペースの区画割り

・避難者1人当たりのスペースを十分確保できるよう、通常の1.8m(3.3㎡)から2.0m(4㎡)とし、区画を事前に計っておき、間隔をあけて暮らせるようにする。

・発熱や咳等の症状がある人のための専用スペースを確保し、誘導できる体制を整える。

 

3.避難者の誘導

・避難所への入場の際には、手指の消毒を実施させるとともに、マスク不所持者には備蓄用のマスクを配布する。

・体調不良者や検温の結果より入場前に症状がある人は、一般避難者とは別に割り当てた部屋に誘導する。

 

4.避難所の運営

・避難者が密接にならないよう注意を払うとともに、適宜、換気を行う。

・避難者で体調不良となった人がいないか、避難者に注意を促すとともに、随時状況を観察しておく。

 

5.避難所で体調不良となった場合

・避難者が避難場所において体調不良となった場合、検温を再度実施するとともに、別に割り当てた部屋に誘導する。必要に応じ医療保健班による巡回健康相談の対応を求める。

・新型コロナウイルス感染症の症状が見られるなど、感染症の疑いがある場合は、救急搬送を要請する。

避難所が過密状態にならないよう、親戚や友人宅等への避難も検討

感染者が増える中で災害があった場合、安全が確保できるのなら、避難所が過密状態にならないよう、自宅内の安全な場所で避難してください。また親戚や友人宅等への避難も検討してください。

情報発信元

総務部 防災危機管理課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)