文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

ソフトボール

更新日 2016年5月26日 情報発信元:国体推進課

競技説明

 試合はトーナメント方式で行われ、通常7回戦で行います。日没や降雨などで中止された場合は、5回以上が過ぎれば正式試合となり、7回を終了して同点の場合は、タイブレーカーにより勝敗が決まるまで試合を続けます。

 ピッチャーは必ず下手投げで、手と手首が体側線を通過しながらボールを離さなければなりません。ピッチャーの投球スピードは男子で約120km/h、女子で90km/h~110kn/hを計測します。さらに、ドロップやチェンジアップ、シュート、スライダー、ソフトボール特有の浮き上がる球ライズボールなど多彩な変化球を投げることが出来ます。

 盗塁も事前のリードは許されず、投球の際に投手の手からボールが離れた瞬間に離塁ができ、離塁が早すぎると走者はアウトとなります。

 1塁には接触などの危険防止のため、守備者用の白と打者走者用のオレンジの2つのベースが設置されています。しかし、打者が走者となった後は白色ベースのみを使います。

 また、越前市では『第18回全国障害者スポーツ大会』のソフトボール競技(知的)も行われます。両大会とも武生東運動公園ソフトボール場で開催されます。

       きくりんソフトボール                  はぴりゅうソフトボール

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:総務部 福井しあわせ元気国体・福井しあわせ元気大会越前市実行委員会(事務局:国体推進課)    福井しあわせ元気国体・福井しあわせ元気大会越前市実行委員会(事務局:国体推進課)トップページへ戻る

電話: 0778-22-3951 
メール: kokutai@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)