市長ブログ 令和3年6月

最終更新日 2021年7月5日

情報発信元 秘書広報課

PAGE-ID:9797

  7日  オリンピック聖火リレー出発式&壮行会

14日  武生中央公園水泳場再整備工事の起工式   

21日  6月市議会 提案理由説明

28日  コウノトリのひなに足環を装着


コウノトリのひなに足環を装着 令和3年6月28日

越前市下中津原町(坂口地区)の人工巣塔で野外コウノトリのペアから誕生した3羽のひなに足環を装着しました。

    

坂口地区でコウノトリが産卵したのは初めてで、昭和45年に本市に飛来した「武生(コウちゃん)」の子孫が福井県内で産卵したのも初めてです。

 

5月15日にひなの姿を確認後、3羽のひなはすくすくと育ち、6月22日に高所作業車を使用して、足環装着と体重測定・採血・羽毛採取・健康状態の確認を実施しました。

 

足環装着により個体識別をすることで、コウノトリの野外個体群の遺伝的管理を行い、野生復帰に資することが目的です。

 

ひなの性別については、採取した羽毛を検査し、1週間ほどで判明する予定です。

 

6月8日に市内安養寺町(白山地区)の人工巣塔から巣立ったひな(「春花」)に続き、下中津原町の3羽も無事に巣立っていくことを願っています。

kounotori_1
kounotori_2

                ひなに足環装着

6月市議会 提案理由説明  令和3年6月21日

6月11日から7月2日まで6月市議会が開かれており、予算案を2件、条例案を2件、専決承認案を4件、報告等案件を12件、それぞれ提案しています。

 

6月補正予算案の規模は、一般会計が8,741万3千円で、補正後の予算総額は353億1,991万3千円、補正前に比べて0.2パーセントの伸びとなりました。

 

6月補正予算案では、新型コロナウイルスのワクチン接種の促進や生活困窮世帯への経済的支援などに必要額を計上しました。

 

主な事業としては、新型コロナウイルスワクチン接種事業に4,460万円、生活困窮者自立支援事業に2,100万円などを計上しています。

 

なお、6月11日に行った「提案理由説明」は次の通りです。

>>>「提案理由説明」はこちら

teianriyuu_setumei

6月市議会で提案理由説明

 

武生中央公園水泳場再整備工事の起工式  令和3年6月14日

武生中央公園水泳場再整備工事の起工式を5月25日に挙行しました。

 

武生中央公園水泳場は、市スポーツ施設再配置計画に基づき、将来の人口減少・少子高齢化に対応するとともに、同公園のさらなる魅力向上を図ることを目的に、公募設置管理制度(Park-PFI)を活用して整備するものです。

 

新たな温水プールは、鉄骨造2階建てで、25メートルプールと加古総合研究所の監修を受けた幼児用プールを設置し、令和4年3月の供用開始を予定しており、水泳場及び駐車場が再整備された後、建設・譲渡契約に基づき、6億9,630万円で市が買い取ります。

 

民間事業者との連携により、水泳場としての機能を充実させ、市スポーツ推進プランに基づく市民の健康増進、余暇利用、水泳競技力の向上、小学校の水泳授業の実施など、1年を通して多用途に活用できる水泳場を目指します。

 

また、公募対象公園施設として、民間事業者が設置管理する屋内遊戯場やスポーツジム、コンテナショップ、賑わい広場を一体的に整備することで、公園の魅力向上と利用者の利便性向上を図ります。

 

新たな温水プールが、市スポーツ推進プランの基本理念に掲げる「市民みんなが元気に 生涯スポーツのまちづくり」に寄与する施設となることはもとより、民間事業者が設置管理する施設や駐車場の整備拡充により、市のセントラルパークである武生中央公園が「老若男女が憩う・遊ぶ・見る・学ぶ・楽しむことのできる空間」として、ますます賑わうことを期待しています。

 

sityo_aisatu

市長挨拶

kansei_image

完成イメージ図

 

オリンピック聖火リレー出発式&壮行会   令和3年6月7日

東京2020オリンピック聖火リレーの越前市出発式と、同オリンピックのフェンシング・エペ競技に出場する本市出身の佐藤希望選手・見延和靖選手の壮行会を5月30日に開催しました。

 

聖火リレーの市出発式は武生中央公園多目的グラウンドで行われ、第一走者を務める佐藤希望選手のトーチに、私が聖火を点火しました。

 

武生中央公園を出発した聖火は、11区間のランナーが越前市役所前のゴールへと繋ぎました。

 

壮行会は武生中央公園総合体育館で開催し、約200人の出席者(来賓、親族、地元住民、市フェンシング協会員等)が佐藤選手と見延選手に熱いエールを送りました。

 

壮行会では市から激励金が、両選手の地元の子どもたちやフェンシングのジュニア選手たちからは寄せ書きの色紙や応援幕などが贈呈されました。

 

オリンピックに向けて、佐藤選手と見延選手(リモート出席)から力強い決意表明が行われるとともに、両選手の武生商業高校フェンシング部の恩師である諸江克昭先生から温かい激励の言葉が贈られました。

 

両選手の出場日には、新型コロナの感染対策に留意しながらパブリックビューイングを開催し、地元をはじめ多くの市民と応援を行ってまいります。
 
seika1
seika3

        オリンピック聖火リレー出発式

soukoukai1
soukoukai2

        佐藤選手と見延選手(リモート出席)の壮行会

 


 

 

このページの表現について評価をお願いします。

ありがとうございました。

情報発信元

総務部 秘書広報課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)