文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

市長ブログ 平成30年1月

更新日 2018年2月5日 情報発信元:秘書広報課

1日  「元気な自立都市 越前」を目指して!
9日 市成人式
15日 仕事始め式 訓示
22日 市工芸の里構想の推進
29日 市民スポーツ文化大賞 表彰式


市民スポーツ文化大賞 表彰式  平成30年1月29日 

1月6日に滋賀県大津市の近江神宮で開かれた、小倉百人一首競技かるたの日本一を決める第64期名人位決定戦において、見事に三連覇を達成した本市の川﨑文義名人に「越前市市民スポーツ文化大賞」を授与しました。

表彰式は、28日に開催された「第41回越前市少年少女かるた選手権大会」の開会式に先立ち、多くの児童生徒を前に行いました。

川﨑名人は幼稚園の時に、矢船町子ども会かるた大会の源平戦に参加したのを切っ掛けにかるたを始め、小学2年生から福井渚会に入会して研鑽を積み、数多くの全国大会を制覇しました。

平成23年1月には、当時12年連続して名人を務めた西郷名人の挑戦者として名人位決定戦に初出場したものの、惜しくも敗れました。

この敗戦を機に、如何なる時でも力を発揮するには「平常心」が大切だと気付き、心の鍛錬を積み重ねた結果、一昨年に初めて名人位を獲得し、昨年の初防衛に続き、今回見事に三連覇を達成しました。

川﨑名人には「永世名人」を目指して、ますますのご活躍をお祈りします。

表彰式1の写真 表彰式2の写真
表彰式

市工芸の里構想の推進  平成30年1月22日 

18日に臨時市議会が開かれ、工芸の里構想推進事業に550万円を計上した1月補正予算案が可決されました。

昨年12月22日に交付決定を受けた地方創生推進交付金を活用し、タケフナイフビレッジ協同組合が実施する共同工房の改修・増設等の実施設計に対する補助として500万円を、本年5月の紙祖神岡太神社・大瀧神社の千三百年大祭等をPRする周遊観光ポスター・チラシの制作に対する補助として50万円をそれぞれ計上しました。

昨年4月に和紙文化の発信拠点と位置付けた紙の文化博物館がリニューアルオープンするとともに、本年9月には打刃物拠点施設がオープンします。

平成30年度当初予算案には、タケフナイフビレッジ協同組合の共同工房の改修工事やタンス町通りの街並み整備を支援する事業費を計上する予定で、5年後に迫った北陸新幹線南越駅(仮称)の開業に向け、引き続き市工芸の里構想の推進を図ってまいります。

1月臨時市議会で提案理由説明の写真
1月臨時市議会で提案理由説明

仕事始め式 訓示  平成30年1月15日 

4日に行った「仕事始め式」の市長訓示で、昨年をⅠ 本市が進める「半世紀に一度のまちづくり」が着実に進展した1年、Ⅱ 県内第一位の「モノづくり都市」である本市の強みが確実に発揮できた1年、と総括しました。

昨年は、8月に武生中央公園の総合体育館と「だるまちゃん広場」が完成するとともに、4月に今立総合支所が入居する複合施設の起工式、8月には本庁舎の起工式を行いました。

また、昨年10月に公表された、平成27年の本市の製造品出荷額等は5,627億円で、平成26年と比べて18.8%も増加し、県内に占める割合は25.0%から27.6%に増大しました。

市内企業の雇用増大を受け、平成27年11月に策定した市総合戦略に基づき、企業と連携を図りながら人口減少対策・定住化促進対策を推進した結果、本市の人口は昨年1年間に114人増え、合併後初めて増加しました。

本年は、5月に紙祖神 岡太神社・大瀧神社の千三百年大祭、9月には「福井しあわせ元気国体・福井しあわせ元気大会」の開幕、12月には本市出身の絵本画家いわさきちひろさんの生誕百年と、本市の歴史や伝統・文化などを力強く発信する1年となります。

県内外からお越しになる方に、本市が誇る伝統的工芸品やコウノトリが舞う豊かな自然環境などをアピールしてまいります。

なお、市長訓示の全文は次の通りです。

>>>こちら

仕事始め式で訓示の写真
仕事始め式で訓示

市成人式  平成30年1月9日 

市文化センターで7日に「市成人式」が開催されました。

新成人の代表による成人式実行委員会と市教育委員会の主催で、「がんばろっさ! 1UPやで⤴」をテーマに、880人の新成人を対象に開かれました。

成人式は「式典」と「実行委員企画(新成人の1UP紹介、地元のいいところ自慢、恩師からのメッセージ上映)」から成り、武生商業高校吹奏楽部のオープニング演奏で始まりました。

式典で私は、越前市出身の絵本作家かこさとし氏に監修いただき、昨年8月に完成した武生中央公園「だるまちゃん広場」と、文化センターの西側壁面に描かれた「越前山歌」を紹介し、市内の村国山や日野山から、やがては日本一の富士山、世界一のチョモランマ(エベレスト)へと、新成人が最高峰を目指して果敢に挑戦を続けて欲しいとの祝辞を述べました。

成人式の閉会後は、各地区公民館で「地区のつどい」(小学校区ごとの交流会)が行われました。

昨年8月末から計13回の会議を開催し、準備を進めてきた32人の成人式実行委員会の皆さんと、各地区自治振興会の皆さんに心からお礼申し上げます。

実行委員長挨拶の写真 市長祝辞の写真
実行委員長挨拶 市長祝辞
武生商業高校吹奏楽部演奏の写真 地区のつどいの写真
武生商業高校吹奏楽部の演奏 地区のつどい

「元気な自立都市 越前」を目指して!  平成30年1月1日

 

新年明けましておめでとうございます。

市民の皆さまには、ご健勝にて輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

また、旧年中は市政の推進にご支援とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。

さて、平成17年11月の市長就任以来、私は「現地現場主義」をモットーに、「自立」と「協働」のまちづくりを進めてまいりました。

1期目の市政運営においては、市の将来像を「元気な自立都市 越前」と定めた市総合計画の策定、企業立地の促進、行財政の改革、学校施設の耐震化などに取り組みました。
市長新年挨拶の写真

 2期目の市政運営においては、人と人との絆づくりや自然との共生を重視し、夢を育む教育の推進や市子ども条例の制定、コウノトリをシンボルにした環境調和型農  業の推進、戸谷片屋線の整備などに取り組みました。

 3期目の市政運営においては、「半世紀に一度のまちづくり」として武生中央公園の総合体育館と「だるまちゃん広場」の整備、新庁舎の建設工事の着工をはじめ、地方創生に向けた市総合戦略の策定と推進に取り組んだ結果、本市の人口は昨年1月1日から12月1日までに151人増え、増加に転じたところです。

 4期目の市政運営においては、北陸新幹線「南越駅」(仮称)の周辺整備として広域高次都市機能の誘導、第3期市中心市街地活性化基本計画の推進、市工芸の里構想の推進などに取り組んでまいります。

 本年も「元気な自立都市 越前」の創造に向け、市政の推進に努めてまいりますので、引き続きのご支援をお願い申し上げます。

 結びに、市民の皆さまのますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げ、年頭のご挨拶と致します。

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:総務部 秘書広報課    秘書広報課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3427 ファックス: 0778-22-9977
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: koutyou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)

過去の履歴