文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

市長ブログ 平成29年2月

更新日 2017年3月6日 情報発信元:秘書広報課

6日 市子ども会かるた大会
13日 蓬莱祀
20日 ごぼう講
27日 「競技かるた名人位決定戦展」


「競技かるた名人位決定戦展」  平成29年2月27日 

今月25日から武生公会堂記念館の展示室3で、「かるた王国越前市 競技かるた第63期名人位決定戦展」を開催しています。

1月7日に滋賀県大津市の近江神宮で行われた、小倉百人一首競技かるたの日本一を決める第63期名人位決定戦は、ともに越前市民の川﨑文義名人と三好輝明八段の間で争われ、川﨑名人が2連覇を果たしました。

同じ出身地同士による名人位決定戦は、史上初の快挙です。

これを記念し、川﨑名人と三好準名人の写真パネルやカップ、賞状、着物などを展示しています。

オープニングの25日は、川﨑名人と三好準名人が展示室を訪れ、8月に本市で開かれる「第70回全国競技かるた福井大会」や武生公会堂記念館で開催予定の「かるたの世界」展について懇談しました。

「かるた王国越前市 競技かるた第63期名人位決定戦展」は3月26日まで開かれており、毎週月曜日が休館日(祝日は開館)で、観覧は無料です。

詳しくは、次の越前市HPをご覧下さい。

>>>詳細はこちら

展示室を訪れた川﨑名人(右)と三好準名人の写真 川﨑名人(中央)・三好準名人と懇談の写真
展示室を訪れた川﨑名人(右)と三好準名人 川﨑名人(中央)・三好準名人と懇談



ごぼう講 平成29年2月20日 

毎年2月17日に国中町で「惣田正月十七日講」が催されます。

通称「ごぼう講」と呼ばれる「惣田正月十七日講」は、その年の宿主の家で山のように盛り付けたごぼうを男たちが食べる、国中町の伝統行事です。

今年が313回目の開催と、300年以上の長い歴史を有しており、宿主の冨田家には多くの報道陣が取材に訪れました。

昨年8月に開かれたリオデジャネイロオリンピックのフェンシング・エペ種目で6位入賞に輝いた見延和靖選手は国中町の出身で、パブリックビューイングなどで力強い応援を繰り広げた国中町の素晴らしい結束力は、「ごぼう講」の伝統に由来しているようです。

なお、越前市の「まつりと伝統行事」については、次のホームページをご覧下さい。

>>>「まつりと伝統行事」はこちら

ごぼう講の写真
ごぼう講


 蓬莱祀 平成29年2月13日

11日に国の選択無形民俗文化財の「蓬莱祀」が行われました。

「蓬莱祀」は、越前市ゆかりの第26代・継体天皇の即位を祝い、五穀豊穣や天下泰平、無病息災を祈りながら、天皇の行幸を模した高さ6メートルの山車の曳き回し行う、粟田部町の伝統行事です。

近年は好天に恵まれていましたが、今年は雪が降りしきる中、厳かに行われました。

なお、「蓬莱祀」の詳細は次のホームページをご覧下さい。

>>>詳細はこちら

蓬莱祀の写真
蓬莱祀



市子ども会かるた大会  平成29年2月6日

5日に「第41回市子ども会かるた大会」が開かれました。

主催は市子ども会育成連絡協議会、共催は市教育委員会、後援は市かるた協会と福井新聞社で、22チーム・131人の児童が参加しました。

先月7日に大津市で行われた、小倉百人一首競技かるたの日本一を決める第63期名人位決定戦は、ともに越前市民の川﨑文義名人と三好輝明八段の間で争われ、川﨑名人が2連覇を果たしました。

川﨑名人と三好準名人をはじめ、日本を代表するかるたの強豪選手が多数、本市から誕生した背景には、かるた競技の振興に永年取り組まれている市子ども会育成連絡協議会の活動があり、「第41回市子ども会かるた大会」の開会式で同協議会に感謝状を贈呈しました。

かるた大会や卓球大会、壁新聞コンクールなど、子ども会活動を通して児童の健全な育成にご尽力いただいている市子ども会育成連絡協議会の益々のご発展をお祈りします。

開会式で挨拶 市子ども会育成連絡協議会に感謝状贈呈
開会式で挨拶 市子ども会育成連絡協議会に感謝状贈呈
選手宣誓 大会の模様の写真
選手宣誓 大会の模様



ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:総務部 秘書広報課    秘書広報課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3427 ファックス: 0778-22-9977
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: koutyou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)

過去の履歴