市長ブログ 平成28年8月

最終更新日 2016年9月5日

情報発信元 秘書広報課

PAGE-ID:7131


9月補正予算案 平成28年8月29日

平成28年9月1日に開会する9月市議会を前に、平成28年8月25日の定例記者会見で9月市議会への提出議案等について発表しました。

9月補正予算案は、一般会計の補正額が11億4,308万円で、補正後の一般会計予算総額は373億6,342万円と、補正前に比べ3.2パーセントの伸びとなっています。

9月補正予算案には、国・県の内示を受けた事業をはじめ、ふるさと納税推進事業や工芸の里構想推進事業、ちひろのおくりもの事業などに係る所要額を計上するとともに、健全財政を維持するため、財政調整基金事業に基金積立金を計上しました。

9月補正予算案の概要は、次の通りです。

「平成28年度9月補正予算」はこちら

なお、定例記者会見の会場には、越前和紙を使用した「第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会」のポスターを掲示しました。

定例記者会見
定例記者会見


市サマーフェスティバル 平成28年8月19日

「第11回市サマーフェスティバル」が平成28年8月13日・平成28年8月14日・平成28年8月15日に開催されました。

平成28年8月13日は「福井国体開催777日前カウントダウンイベント」や「オープニング式典」などに続き、市役所前や「蔵の辻」周辺で「ふるさと踊り」が催され、約1千3百人の参加者が華麗な踊りを披露しました。

平成28年8月14日は「蔵の辻」周辺で「わっしょい越前」が開かれ、本市出身のシンガーソングライター「せりかな」さんのライブや「ジュラチックショー」「ヨサコイ踊り」などが行われました。

平成28年8月13日・平成28年8月14日は福井国体のPR事業として、「ウォールクライミング体験会」も行われました。

平成28年8月15日は恒例の「花火大会」が日野川河川緑地で開催され、オープニングの手筒花火やミュージック・スターマインなど1万発の打ち上げ花火が夜空を彩り、観衆を大いに魅了しました。

特別ゲストとして、リオデジャネイロオリンピックのフェンシング・女子エペ競技で8位入賞に輝いた佐藤希望選手も観覧し、佐藤選手と見延選手に対する市民の熱心な応援にお礼の挨拶を述べ、盛大なお祝いの拍手を受けました。

オープニング式典
オープニング式典
ふるさと踊り
ふるさと踊り
わっしょい越前
わっしょい越前
ウォールクライミング体験会
ウォールクライミング体験会
花火大会
花火大会
佐藤希望選手の挨拶
佐藤希望選手の挨拶

 


見延和靖選手・応援パブリックビューイング 平成28年8月12日 

リオデジャネイロオリンピックのフェンシング・エペ競技に出場した越前市出身の見延和靖選手を応援するため、いまだて芸術館で平成28年8月9日から平成28年8月10日にパブリックビューイングを開催しました。

平成28年8月9日午後11時15分(以下、日本時間)に始まった2回戦で、見延選手はマルコ・フィケラ選手(イタリア)を15対8で破り、見事に初戦を突破しました。

翌10日午前1時に始まった3回戦では、アントン・アブデーフ選手(ロシア)に15対12で勝利し、ベスト8入りしました。

しかし、午前1時45分からの準々決勝では、世界ランキング1位の強豪・ゴチエ・グリュミエ選手(フランス)に残念ながら8対15で敗れました。

見延選手は、ロンドンオリンピックへの出場を逃した悔しさをバネに、心身ともに厳しい鍛錬を積み、昨年11月のワールドカップで金メダルを獲得するなど目覚ましい発展を遂げ、オリンピックの男子エペで日本人初、個人種目で福井県勢最高となる6位入賞を果たしました。

4年後の東京オリンピックではメダルの獲得を目指し、より一層ご活躍されることをお祈りします。

見延和靖選手・応援パブリックビューイング1
見延和靖選手・応援パブリックビューイング2

見延和靖選手・応援パブリックビューイング

見延和靖選手・応援パブリックビューイング3
見延和靖選手・応援パブリックビューイング4

 


佐藤希望選手・応援パブリックビューイング 平成28年8月8日

リオデジャネイロオリンピックが開幕し、フェンシング・エペ競技に出場した越前市出身の佐藤希望選手を応援するため、式部ふれあい館で平成28年8月6日から平成28年8月7日にパブリックビューイングを開催しました。

平成28年8月6日午後9時(以下、日本時間)に始まった初戦の相手はアレハンドラ・テラン選手(メキシコ)で、佐藤選手は15対12で逆転勝ちし、オリンピック初勝利を上げました。

午後10時15分からの2回戦では、世界ランキング3位のタチアナ・ログノワ選手(ロシア)を延長戦の末、15対14で撃破するとともに、翌7日午前0時30分からの3回戦では、ロンドンオリンピック金メダリストのヤナ・シェミャキナ選手(ウクライナ)を11対8で破りました。

しかし、午前1時45分からの準々決勝では、優勝したエーメセ・サス選手(ハンガリー)に残念ながら4対15で敗れました。

ロンドンオリンピック出場後に結婚・出産し、子育てをしながら鍛錬を積み、2大会連続のオリンピック出場を果たし、エペ競技で日本人初、個人種目で福井県勢初の入賞(ベスト8)に輝いた佐藤選手を誇りに思います。

今後も女性活躍の先陣を切り、一層ご活躍されることをお祈りします。

なお平成28年8月9日には、同じくフェンシング・エペ競技に出場する越前市出身の見延和靖選手を応援するため、いまだて芸術館で午後10時30分からパブリックビューイングを開催します。

佐藤希望選手・応援パブリックビューイング1
佐藤希望選手・応援パブリックビューイング2

佐藤希望選手・応援パブリックビューイング

佐藤希望選手・応援パブリックビューイング3
佐藤希望選手・応援パブリックビューイング4

 


武生中央公園の再整備 平成28年8月1日

平成30年に開かれる「福井しあわせ元気国体」に向け、現在、武生中央公園の再整備が行われています。

フェンシングの会場となる武生中央公園体育館の改築については、昨年8月19日に起工式を行い、来年8月の完成を目指して工事を進めています。

メインアリーナ(約38メートル×57メートル)とサブアリーナ(約22メートル×35メートル)から成り、メインアリーナの上部には観覧席(1278席+車いす用6席)やランニングコース(1周220メートル)が設けられます。

ソフトテニスの会場となる武生中央公園庭球場については、人工芝への改修や観覧席の上屋の整備などを終えて平成28年4月10日にリニューアル記念式を行い、引き続き管理棟の改築などを計画しています。

同公園内の市営球場跡地に整備する市民の広場については、本市出身で日本を代表する絵本作家・かこさとし氏の監修を受け、「次世代の人が育つ空間」「絵本の世界を映し出す空間」「地域活性化の核となる空間」を基本コンセプトに、かこ氏の作品のモチーフを大型複合遊具や植栽、せせらぎ等に演出し、子育てに関わる豊かな文化を親子が共に体験し学ぶ場として、来年8月の完成を目指して整備を進めています。

また、武生中央公園再整備のシンボルにするため、平成28年3月にかこ氏から寄贈いただいた絵画を巨大な壁画として文化センターの西側壁面に描くことも計画しています。

武生中央公園体育館の外観イメージ
武生中央公園体育館の外観イメージ
武生中央公園市民の広場整備イメージ図
武生中央公園市民の広場整備イメージ図

 

このページの表現について評価をお願いします。

ありがとうございました。

情報発信元

総務部 秘書広報課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)