文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

市長ブログ < いわさきちひろ生誕100年記念事業 >

更新日 2018年4月16日 情報発信元:秘書広報課


いわさきちひろ生誕100年記念事業 平成30年4月16日 

越前市の「ちひろの生まれた家」記念館で3月21日から、ピエゾグラフ展「アンデルセンの世界」が開かれています。

越前市生まれの絵本画家・いわさきちひろの生誕100年を記念した、市観光協会とちひろ美術館の共催事業です。

本年は、「ちひろの生まれた家」記念館で年4回の企画展を行うとともに、武生公会堂記念館では9月21日から12月24日まで特別展「ピエゾグラフによる いわさきちひろの歩み」を前期・後期に分けて開催します。

ちひろの誕生日の12月15日には、武生中央公園の複合施設「はぐもぐ」で誕生日イベントも計画しています。

なお、「ちひろの生まれた家」記念館とピエゾグラフ展「アンデルセンの世界」に関する詳細は、次のホームページをご覧下さい。

>>>こちら

いわさきちひろ

   「ちひろの生まれた家」記念館のピエゾグラフ展


越前市の桜の名所 平成30年4月9日 

越前市の桜は例年より早く、今月3日頃に満開を迎えましたが、市内では8日に桜のイベントが開催されました。

継体天皇ゆかりの花筐公園は、約千本の桜が咲き誇る桜の名所で、第40回の「はながたみまつり」の開会式が行われました。

「太陽の広場 桜まつり」では、第30回の開催を記念し、餅まきなどが行われました。

味真野小学校の校庭の桜は見事な大木で、市の文化財に指定されており、3月31日から今月8日までライトアップが行われ、8日は「恋のパワースポット」として整備を終えた万葉の里味真野苑で「万葉恋歌ライブ」が開かれました。

吉野瀬川には両岸から水面に向かって枝を伸ばすような見事な桜並木が続いており、今月1日から14日までライトアップが行われています。 

 花筐公園   太陽の広場       

               花筐公園                              太陽の広場

 味真野小学校の桜   吉野瀬川の桜

           味真野小学校の桜                           吉野瀬川の桜


越前市役所IJU課 平成30年4月2日 

越前市では、平成27年度から庁内に「IJU(移住)課」を設けています。

同課は、IJUターンした若手職員で組織し、市の行政組織には含まれない部署として、自由な発想のもとでイベントの開催や情報発信に取り組んでいます。

 このたびIJU課では、多文化共生への新たな取組みとして、「越前市役所IJU課楽しいポルトガル語講座」の動画をYouTubeにアップするとともに、ブラジル人向け情報誌「Olá,Echizen!」を作成しました。

 県内一の産業都市である越前市には、1月1日現在で3,810人の外国人が生活しており、そのうち2,749人がブラジル人です。

 本市では今年度に多文化共生プランの策定を目指しており、多文化共生社会の構築に向け、引き続き「IJU(移住)課」の活動が期待されます。

 なお、「IJU課」の活動については、次のホームページをご覧下さい。

>>>こちら

情報誌「Olá,Echizen!」

           情報誌「Olá,Echizen!」

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:総務部 秘書広報課    秘書広報課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3427 ファックス: 0778-22-9977
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: koutyou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)

過去の履歴