文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

市長ブログ 平成26年7月

更新日 2014年8月1日 情報発信元:秘書広報課

 


 夏休み特別展「南越線開業100年」               平成26年7月28日 

 

 現在、武生公会堂記念館で夏休み特別展「南越線開業100年 福井県を初めて走った軽便鉄道」が開かれています。

 明治45年(1912年)に設立された武岡軽便(ぶこうけいべん)鉄道株式会社が、大正3年(1914年)に新武生・五分市間を開業しました。

 県内初の私鉄として沿線住民に利用され、製紙業や繊維産業の発展にも寄与しました。

 その後、大正3年(1914年)に五分市・粟田部間、翌年には粟田部・岡本新間、大正13年(1924年)には岡本新・戸ノ口間が順次開通しました。

 合併に伴い昭和20年に社名が福井鉄道株式会社に代わり、福井鉄道南越線として大いに利用されましたが、自動車の普及に伴い乗降客が激減したため、昭和56年に廃線となりました。

 南越線が開業して今年で100年を迎えたことから、武生公会堂記念館では南越線に関する数多くの資料を展示・紹介するとともに、昭和の町並みを再現した鉄道ジオラマの展示や懐かしいDVDの上映などを行っています。

 夏休み特別展「南越線開業100年」は9月7日まで開かれていますので、是非ご覧下さい。

>>>夏休み特別展「南越線開業100年」の詳細はこちら

「南越線開業100年」会場風景1 「南越線開業100年」会場風景2
「南越線開業100年」会場風景3 「南越線開業100年」会場風景4
「南越線開業100年」会場風景





 

















 
 


 コウノトリ未来・国際かいぎ              平成26年7月22日 

 

 秋篠宮殿下のご臨席のもと、兵庫県豊岡市で19~20日に「第5回コウノトリ未来・国際かいぎ」が開かれました。

 テーマは「未来へ!~野生復帰のすすめ~」で、ヨーロッパや韓国での活動報告に続き、「野生復帰の今~国内からの報告」として、越前市と千葉県野田市が取組みを発表しました。

 18日には「未来へ!コウノトリが暮らす地域連携かいぎ」も行われ、豊岡市、越前市、野田市のほかに、埼玉県鴻巣市、栃木県小山市、千葉県いすみ市、京都府京丹後市、兵庫県朝来市、岡山県倉敷市、愛媛県西予市が出席し、各市の現状を報告しました。

 今後も、豊岡市をはじめ関係自治体との交流・連携を深めながら、越前市のコウノトリが舞う里づくりを推進してまいります。

 なお、「コウノトリ未来・国際かいぎ」での私の発表内容は、次の通りです。

>>>「越前市コウノトリが舞う里づくり」はこちら

「コウノトリ未来・国際かいぎ」で発表 「地域連携かいぎ」で報告
「コウノトリ未来・国際かいぎ」で発表 「地域連携かいぎ」で報告












  
 


 越前和紙の「天皇杯ポスター」             平成26年7月11日 

 

 第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会が5日に開幕し、6日にはサウルコス福井が富山新庄クラブを7-0で破り、1回戦を突破しました。

 12月13日に横浜市の日産スタジアムで開かれる決勝戦まで、全国各地で熱戦が繰り広げられます。

 天皇杯のポスターは、平成21年度に越前市と(公財)日本サッカー協会が締結した「『元気な自立都市 越前』を創造するための協定」に基づき、平成23年度から毎年、越前和紙で作られています。

 今年のポスターには、横浜ベイブリッジや富士山、鎧武者が描かれており、右下に「越前和紙を使用しています」との記載もあります。

 越前和紙の天皇杯ポスターは、全国の大会開催地の公共施設や量販店、駅などに掲示されていますので、是非ともご覧下さい。

越前和紙の「天皇杯ポスター」
越前和紙の「天皇杯ポスター」













 
 
 


 災害時相互応援協定            平成26年7月7日 

 

 4日に石川県を訪問し、小松市および能美市と「災害時相互応援協定」を締結しました。

 福井県が昨年12月に、石川県小松市と能美市を本市の原子力災害時の広域避難先に位置付けたことから、両市との緊密な関係を構築するため、食料や応急復旧に必要な資機材の提供、職員の派遣、被災者の受入れ等を相互応援協定に謳い、緊急時に備えることにしたものです。

 小松市にも国府が置かれていたこと、能美市は伝統工芸の九谷焼の産地であること、両市ともにモノづくりが盛んなことなど、本市と共通する点が多いため、今後は市民の交流も図っていきたいと考えています。

 これで本市の「災害時相互応援協定」締結市は12となりました。

 引き続き関係市と協力し、安全で安心なまちづくりを推進してまいります。

石川県小松市の和田愼司市長と 石川県能美市の酒井悌次郎市長と
石川県小松市の和田愼司市長と 石川県能美市の酒井悌次郎市長と













 


 

関連ファイル

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:総務部 秘書広報課    秘書広報課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3427 ファックス: 0778-22-9977
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: koutyou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)

過去の履歴