市長ブログ 平成25年5月

最終更新日 2013年10月11日

情報発信元 秘書広報課

PAGE-ID:5215


ヒナ誕生は来年に期待 平成25年5月27日

平成23年の12月から市内の白山地区で飼育しているコウノトリのペア「ふっくん」と「さっちゃん」が、平成25年5月3日から5月11日にかけて5個の卵を産卵しました。

しかし、平成25年5月15日と5月24日に検卵した結果、残念ながらいずれも無精卵と確認され、今年のヒナの誕生は御預けとなりました。

本市では、「コウノトリが舞う里づくり戦略」を策定し、コウノトリをシンボルに環境調和型農業の推進や里地里山の保全再生、子どもたちへの環境教育の推進等に取り組んでいますが、一連の取組みの根底にあるのは「命を大切にするまち」を築いていきたいとの決意です。

49年振りの本県でのコウノトリの誕生は来年以降に持ち越しとなりましたが、現場で尽力されている飼育員や地元住民の皆さんは、次へのステップに大きな手応えを感じられたようです。

半世紀振りのコウノトリの誕生を夢見て、引き続きコウノトリが舞う里づくりを推進してまいりますので、県のご支援と市民のご協力をお願い申し上げます。

コウノトリの「ふっくん」と「さっちゃん」
コウノトリの「ふっくん」と「さっちゃん」
産卵した5個の卵
産卵した5個の卵

 


こしのくに国府サミット 平成25年5月20日

平成25年5月16日に福井県勝山市で開かれた北信越市長会総会に合わせて、本市で平成25年10月に開催する「第1回こしのくに国府サミット」の概要を発表しました。

こしのくに国府サミットは、「こしのくに(北陸道)に属する越前、加賀、能登、越中、越後の5か国の国府所在市が、国府所在地としての歴史・文化遺産を末永く後世へ継承することに努めるとともに、国府をテーマとした広域での魅力発信、歴史・文化を通した相互交流を行うことを目的」に開催するものです。

5か国の国府所在市は、石川県小松市(加賀国)、石川県七尾市(能登国)、富山県高岡市(越中国)、新潟県上越市(越後国)と越前市(越前国)の5市で、平成25年5月16日の記者発表には5市の市長が揃って出席しました。

国府サミットは5市が持ち回りで開催し、各市から市民が参加するとともに、各市の観光や文化、物産等の紹介を行うブースを設ける予定です。

「第1回こしのくに国府サミット」は「越前国府跡の発見に向けて」をテーマに、平成25年10月5日から平成25年10月6日に武生パレスホテルで開催します。

平成25年10月5日は市長サミット、大橋泰夫・島根大学教授の基調講演、パネルディスカッション等を、平成25年10月6日は市内の国府ゆかりの地の見学会を行い、平成20年度から平成24年度に本市が実施した越前国府関連遺跡調査(第2次)の報告も行います。

5市ともに国府跡がまだ特定されていないことから、各市の知見を共有して国府跡の発見に向けた市民の機運を高めるとともに、市民の相互交流や観光・物産等の連携を深め、5市の活性化につなげていくことを期待しています。

こしのくに国府サミット開催発表

「こしのくに国府サミット」の開催を発表


2013地域ミーティング 平成25年5月13日

現在、「2013地域ミーティング」を市内全17地区で順次、開催中です。

地域ミーティングは、市民との協働のまちづくりを推進するため、私が市内各地区を訪問し、自治振興会との共催で毎年開催しているものです。

平成25年4月23日の神山地区を皮切りに、平成25年5月22日の国高地区まで各地区の公民館を会場に実施しており、昨日は吉野地区で開催しました。

平成25年度当初予算の概要や市が進める防災対策等について私が説明を行い、参加者の皆さんからご質問を頂くとともに、各地区からの課題提起として「高齢社会における地域福祉」等の課題について意見交換を行っています。

地域ミーティングの開催スケジュールは次の通りです。お近くの会場にご出席を頂ければ幸いです。

地域ミーティング(吉野地区)
吉野地区での地域ミーティング
地域ミーティング(東地区)
東地区での地域ミーティング

 


読書のまち宣言式 平成25年5月7日

越前市は、県内の自治体で初めて、3月市議会で「読書のまち」を宣言したことから、平成25年5月5日にかこさとし先生をお迎えし、「読書のまち宣言式」を行いました。

「読書のまち宣言」は、「地域力を生かして、いつでも、どこでも、誰でも読書に親しむことができる環境を整え」、「夢や希望を語り合えるまちづくりを目指すため」、「赤ちゃんを愛情豊かに育てる親子読み聞かせ」、「子どもの読書習慣を育てる朝読書・読み聞かせ」、「親子や家族みんなで仲良く読書に親しむ家読書」、「郷土の歴史や文化伝統などに触れる地域読書」、「毎月第3土曜日を市民読書の日と定め生涯読書」に取り組むことを謳っています。

宣言式は、「平成24年度越前市紙芝居コンテスト」で大賞を受賞した紙芝居「約束の手紙」の口演から始まり、続いて市民の代表が舞台上で力強く「読書のまち」を宣言しました。

引き続き、平成25年4月26日に開館した「かこさとし ふるさと絵本館 砳」の名誉館長の委嘱状をかこさとし先生に交付させて頂いた後に、かこ先生の記念講演会が開かれました。

かこ先生は、「子どもの成長と本の力」の演題で、赤ちゃん(胎児)に絵本等の読み聞かせを行うことの意義や、子どもが外遊びをすることの重要性、読書を通して想像力と創造力を養っていくことの大切さなどをお話しされました。

「読書のまち宣言」を機に、市民との協働により、読書のまちづくりを推進してまいります。

なお、「読書のまち宣言」の全文は、次の通りです。読書のまち宣言はこちら

紙芝居
紙芝居の口演
読書のまち宣言
市民代表が読書のまちを宣言
かこさとし先生に絵本館名誉館長の委嘱状交付
かこさとし先生に絵本館の名誉館長の委嘱状を交付
かこさとし先生の記念講演
かこさとし先生の記念講演

 


かこさとし ふるさと絵本館 砳 平成25年5月1日

「かこさとし ふるさと絵本館 砳」のオープニング式典を平成25年4月26日に行いました。

越前市の出身で、「だるまちゃんとてんぐちゃん」や「からすのパンやさん」シリーズで著名な絵本作家・かこさとし先生(「越前市ふるさと大使」)の全面的な協力を得て、「だるまちゃんとかみなりちゃん」の制作過程の複製画や新作等の直筆画、かこ先生と越前市の関わりなどを紹介するパネル等を展示するとともに、約2200冊の絵本や紙芝居を揃えた絵本館です。

かこ先生の絵本の主人公に変身できるコーナーや伝承遊びコーナーもあり、子どもたちの創造力や探究心を育むことを目的に設置したものです。

オープニング式典には、ご来賓としてかこ先生のお嬢様の鈴木様ご夫妻と日本サッカー協会の小倉純二名誉会長(「越前市ふるさと大使」)にご臨席を頂きました。

日本サッカー協会の小倉名誉会長には、平成30年の福井国体に向け、特にジュニア層の育成強化を目的に設置した「越前市競技力向上プロジェクト」の特別顧問にご就任を頂き、平成25年4月25日に開催した「同プロジェクト第1回戦略会議」にご出席を頂きました。

「かこさとし ふるさと絵本館 砳」や「越前市競技力向上プロジェクト」を通して、引き続き子どもたちの夢づくりを積極的に支援してまいります。

なお、「かこさとし ふるさと絵本館 砳」の詳細については、次の越前市ホームページをご覧下さい。

「かこさとし ふるさと絵本館 砳」はこちらから

絵本館テープカット

「かこさとし ふるさと絵本館 砳」のかこ先生のお嬢様の鈴木様ご夫妻と
オープニング・テープカット

鈴木夫妻・小倉名誉会長と記念撮影

日本サッカー協会の小倉名誉会長

館内1階

絵本館の1階

館内2階

絵本館の2階の展示

小倉名誉会長への特別顧問の委嘱状授与

日本サッカー協会の小倉名誉会長に「市競技力向上 市競技力向上プロジェクト「第1回戦略会議」
プロジェクト」特別顧問の委嘱状を授与

第1回プロジェクト戦略会議

 


過去のブログヘ

このページの表現について評価をお願いします。

ありがとうございました。

情報発信元

総務部 秘書広報課

受付時間月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)