文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

市長ブログ 平成25年4月

更新日 2013年5月7日 情報発信元:秘書広報課


武生南小学校で「スーパー・フェンシング」を開催    平成25年4月26日

 ロンドンオリンピックで銀メダルを獲得したフェンシングの太田雄貴選手が23日に、本市出身の見延和靖選手と池田町出身の徳南堅太選手と共に本市を訪れ、武生南小学校で5・6年生の児童に対してフェンシングの指導を行って頂きました。

 「スーパー・フェンシング」と銘打ち、フェンシング競技の普及を目的に、全国5会場で実施する事業の一つとして本市で開催されたものです。

 平成30年の福井国体において、フェンシング競技の開催地となる本市では、会場となる市体育館を改築するため、今年度は基本設計を行うとともに、小学生(スポ少)と中学生の一貫した指導体制を構築するため、今年度から武生第二中学校にフェンシング部を創設しました。

 市役所を表敬訪問して頂いた太田雄貴選手・見延和靖選手・徳南堅太選手からは、福井国体に向けて、本市のフェンシング競技の振興に全面的な協力を約束頂きました。

 世界的なプレイヤーから熱心な指導を頂いた、武生南小学校の児童の中からも、福井国体等で活躍する選手が輩出されることを期待しています。

 引き続き福井国体の成功に向け、スポーツの振興に努めてまいります。
 

     フェンシングの太田選手が表敬訪問      武生南小学校でのスーパー・フェンシング

          フェンシングの太田選手が表敬訪問                 武生南小学校でのスーパー・フェンシング
 

     武生南小学校でのスーパー・フェンシング2      武生南小学校でのスーパー・フェンシング3

                             武生南小学校でのスーパー・フェンシング
 


はしご付消防自動車導入に伴う査閲式    平成25年4月22日

 最新型のはしご付消防自動車(30m級)を南越消防組合・中消防署に配備し、運用を開始するに当たり、18日に査閲式を行いました。

 平成元年に導入された従来のはしご付消防自動車と比べると、はしごの先端が屈折することにより、建物へ接近しやすくなったこと、リモコン式大型放水銃や制振制御装置等が搭載され、操作性や安全性が向上したことから、消火・救助活動に大きな効果を発揮することが期待されます。

 査閲式には、中消防署の近隣の幼稚園・保育園から約150人の園児も訪れ、最新型のはしご付消防自動車の操法を見学しました。

 南越消防組合の管内には、4階建て以上の中高層建築物が230棟あるため、はしご付消防自動車を24年振りに更新し、最新型を導入することで、消防力の充実強化を大きく図ることができました。

 今後も引き続き、安全で安心なまちづくりに努めてまいります。

     はしご車操法2      はしご車操法

                               最新型はしご付消防自動車の操法

            はしご車操法3          査閲式訓示

                                                    査閲式で訓示
 


ギャラリー窓2013展    平成25年4月15日

  13日は万葉菊花園や谷口家を訪れ、味真野地区の「ギャラリー窓2013展」を拝見しました。

  万葉菊花園での万葉美術展(今年で18回目)を中核に、市内外の芸術家による絵画や書、陶芸、写真等の作品を味真野地区の公共施設や福祉施設、商店など13施設で展示する総合美術展です。

  見どころの一つは、味真野地区の寺社や草花、風景などを描いた作品を一堂に展示した「味真野を描く」で、作品を通して味真野地区の素晴らしさが一層伝わってきました。

  萱葺き屋根の谷口家(国の重要文化財)には、ほのかな灯りの中に書と陶芸の作品が並び、趣のある古民家と作品の魅力が共に引き立っていました。

  今後も引き続き、地区の歴史や自然を生かした文化のまちづくりを市民との協働により推進してまいります。

     万葉展      味真野展

     谷口家1        谷口家2             

                                    ギャラリー窓2013展


「花筐物語」開花式    平成25年4月8日

 7日は、花筐公園で開催された「花筐物語」の開花式に出席しました。

 桜の名所である花筐公園は、弘化元年(1844年)に奈良の吉野から40数本の桜を持ち帰り、移植したのが始まりとのことで、公園が創設されて今年で170年を迎えます。

 そこで、花筐公園170周年を記念し、「花筐物語」と題する年間イベントの開催が花筐自治振興会を中心に計画されており、毎年恒例の「はながたみまつり」の開会式に合わせ、7日に「花筐物語」の開花式が開かれたものです。

 市も7月23日に、花筐公園で「夏期巡回ラジオ体操」をNHKと共催するなど、「花筐物語」を積極的に支援しています。

 週末は暴風雨のため、「花筐物語」の開花式を除き、市内各地で計画されていた桜のイベントが相次いで中止され、大変残念でしたが、「市民が主役のまちづくり」の推進に向け、市民の皆様の引き続きのご協力をお願い致します。
 (市内各地でイベントの準備にご尽力頂いた皆様に感謝申し上げます。)
 

    「花筐物語」開花式     「花筐物語」宣言

            「花筐物語」開花式で挨拶                    花筐小学校児童の「花筐物語」宣言

    記念碑の除幕      花筐公園の満開の桜

                記念碑の除幕                          花筐公園の満開の桜


 >>> 過去のブログヘ

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:総務部 秘書広報課    秘書広報課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3427 ファックス: 0778-22-9977
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: koutyou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)

過去の履歴