文字の大きさ 色の変更・音声読み上げ
文字の大きさを大きくする 文字の大きさを元に戻す

平成26年5月 記者会見

更新日 2017年2月24日 情報発信元:秘書広報課

平成26年5月 定例記者会見

■ 日時 平成26年5月26日(月曜日) 午後0時30分から1時30分

■ 場所 別館2階 大会議室

■ 内容 下記のとおり

市長写真

市長あいさつ 

記者の皆様には、日頃より市政の運営にご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。
最初に、最近の市政の取組みとして、「コウノトリが舞う里づくり」「サッカーワールドカップでの日本代表チームの応援イベント」「貴乃花親方の講演会」「市総合防災訓練」「市総合計画達成度の評価」「地域ミーティング」の6点についてご報告します。

【コウノトリが舞う里づくり】
まず、コウノトリが舞う里づくりについては、4月から5月にかけて白山地区や王子保地区にコウノトリがたびたび飛来し、平成22年4月の「えっちゃん」以来、5年連続の本市への飛来となりました。
また、白山地区で飼育しているコウノトリのペア「ふっくん」と「さっちゃん」が、昨年に引き続き5月19日までに2個の卵を産卵しました。
昨年は5個の卵がすべて無精卵で、ヒナの誕生はお預けとなりましたが、今年は福井県と兵庫県との共同研究の取組みの成果として、本県で50年振りのヒナ誕生が期待されています。
市民との協働により、「コウノトリが舞う里づくり」を推進してきた成果が確実に実を結びつつあることを大変嬉しく思い、福井県や兵庫県、地元など関係者の皆様のご尽力に深く感謝申し上げます。
来月には卵が孵化し、やがて放鳥を行い、コウノトリが市内に定着することで、人と生きものが共生し、命を育む越前市を築いていくことができるよう、引き続き着実な取組みを推進してまいります。
特に、コウノトリの野外定着に向けて本年度は、餌場環境の体制づくりのモデル的な取組みとして、白山地区のコウノトリケージ付近に水田の中干し対策の水田退避溝を整備するとともに、冬期の餌確保対策として、休耕田を利用したドジョウ増殖の取組みに着手し、コウノトリの飛来にも備えたいと考えています。

【日本代表チームの応援イベント】
次に、6月12日にサッカーワールドカップブラジル大会が開幕を迎えます。
(公財)日本サッカー協会と連携し、サッカーを通した地域活性化や自治体間交流を図る目的で、越前市が事務局を担い、全国の272市区が加盟して、昨年11月に「日本サッカーを応援する自治体連盟」が発足しました。
既に、ワールドカップにおける日本代表チームの活躍を願い、日本代表チームを応援するイベントを全国の加盟市区で展開しているところです。
越前市でも、市民の皆さんから「夢を力に2014」のバナー(旗)に応援メッセージの寄せ書きを募るとともに、日本代表チームを応援する動画を制作し、日本サッカー協会に届けました。
また、6月の学校給食では、日本代表が対戦する3ヶ国と開催国ブラジルのメニューを学校給食で提供します。
さらに、武生青年会議所の主催による「日本対コートジボワール戦パブリックビューイング」を6月15日に蔵の辻で行います。
当日は、日本代表としてワールドカップフランス大会に出場した中西永輔氏を迎え、市内のサッカースポーツ少年団を対象に「夢先生スポーツレッスン(サッカー教室)」も開催します。

【貴乃花親方の講演会】
次に、日本相撲協会の理事として、相撲界発展のために活躍されている貴乃花親方を6月28日にお迎えし、「大人の夢教室 貴乃花親方講演会」を開催します。
越前市では、平成21年度に日本サッカー協会と「『元気な自立都市 越前』を創造するための協定」を締結し、市内の全ての小学5年生と中学2年生を対象に、協会から派遣いただくアスリート(「夢先生」)から、夢を持つことの素晴らしさや夢に向かって努力することの大切さを教えていただく「夢の教室」を開催しています。
貴乃花親方には、平成23年度に武生第5中学校、24年度に服間小学校で「夢先生」として、「夢の教室」を行っていただきました。
また、「平成24年7月越前市東部集中豪雨」で大きな被害を受けた越前和紙の産地復興イベントに参加いただくとともに、「越前市ふるさと大使」にも就任いただきました。
今回の講演会は、市PTA連合会との共催で、6月28日(土曜日)午後4時から(閉会予定は5時30分)武生パレスホテルで行い、入場は無料です。
なお、貴乃花親方には、講演会に先立ち、白山地区でコウノトリのヒナの視察、タケフナイフビレッジで包丁作成の体験なども行っていただきます。

【市総合防災訓練】
次に、市総合防災訓練については、6月29日に市自治連合会と協働し、西地区・大虫地区を中心に神山地区・吉野地区も参加して、実施します。
訓練では、地域の特性に応じて浸水害・土砂災害を想定し、各町内の自主防災組織や自治振興会の安全防災部等の関係者の参加はもとより、災害時応援協定締結団体等にも協力いただきながら、実働訓練を実施します。
また、西地区・大虫地区では、平成25年度に作成した避難場所開設・運営マニュアルに基づく訓練も行います。
なお、今年は「福井豪雨」から10年を迎えることから、西地区・大虫地区の訓練会場には、「福井豪雨から10年」のパネル展示も予定しています。

【市総合計画達成度評価】
次に、市総合計画に掲げる政策の達成度について、市民の視点に立った評価を行い、その結果を市総合計画の効果的かつ効率的な推進に反映するため、市総合計画達成度評価委員会による評価を本年度も実施しました。
評価を受けるに当たり、庁内各部局で取りまとめた内部評価結果を基に、現地視察も実施する中、まちづくりの5本の柱と地方分権に対応した行財政運営の6項目に関する政策・施策について、その成果を中心に評価・検証いただき、5月20日に同委員会から報告を受けたところです。
評価はA、B、C、Dの4段階で行われ、Aが2つ、Bが4つという結果であり、藤下洸養委員長からは「行政が市民のために誠実に努力していることを充分に認めたうえで、より成熟度の高い行政運営を求める立場を明確に、評価の物差しを一段と厳しく、成果を重視した高いハードルを掲げての評価を行った。越前市総合計画の集大成の年度(平成28年度)に向け、ホップ、ステップ、ジャンプのステップの年度として、行政に一段の努力と集大成への足がかりを求めたい」との総評をいただきました。
今後も引き続き、市総合計画の着実な推進を図りながら、「元気な自立都市 越前」の創造を目指してまいります。

【地域ミーティング】
次に、市民と行政の協働によるまちづくりを一層推進することを目的に、毎年開催している「市長と語ろう 地域ミーティング」については、今年も5月8日から5月30日までの日程で、市内全17地区において実施しています。
本年度当初予算の概要や市の重要事業などを説明し、市民との情報共有に努めるとともに、地域の課題について、市と地区がそれぞれ意見交換を行っているところです。
地域ミーティングでいただいた貴重なご意見やご提案については、今後の市政やまちづくりに的確に反映してまいります。

以上、最近の市政の取組みについて、6点ご報告しました。

それでは、発表項目に移らせていただきます。

本日の発表項目は、6月2日に開会する「平成26年第3回市議会定例会への提出議案」について、「大人の夢教室『貴乃花親方講演会』」について、「越前市総合防災訓練」について、並びに「サッカーワールドカップでの日本代表チームの応援イベント」についてです。
市議会定例会への提出議案の内訳は、予算案が1件、条例案が2件、一般議案が2件、専決承認案が5件、報告等の案件が7件です。
以上で、私からの説明は終わります。
引き続き、発表項目の詳細を各担当課からご説明します。

提出議案(条例案)(PDF形式:167KB)

提出議案(26年度6月補正予算案)(PDF形式:17KB)

大人の夢教室[貴乃花親方講演会](PDF形式:67KB)

平成26年度越前市総合防災訓練(PDF形式:13KB)

応援イベント1夢先生スポーツレッスン(サッカー教室)(PDF形式:85KB)

応援イベント2パブリック ビューイング(PDF形式:68KB)

質疑応答

平成26年度6月補正予算案

【質問】 大観覧車改修工事について、修繕するのは人が乗る籠のことか。

【回答】 人が乗る籠いわゆるゴンドラについて修繕します。

【質問】 ゴンドラは、全部でいくつあるのか。全て修繕するのか 。

【回答】 ゴンドラは16基あり、全て修繕します 。

【質問】 ゴンドラのどこの部分か。それとゴールデンウィークのときは、大観覧車を動かしてなかったのか。

【回答】 腐食が見つかったのは骨部分、鉄板部分そして連結部分などです。ゴールデンウィークのときは、安全を考慮し、動かしませんでした。

【質問】 菊人形までに修理するのか。

【回答】 はい、菊人形開催までに全て修繕します。

【質問】 無医地区の診療所開設のために地域が行う環境整備に対する補助について、もう少し説明願いたい。

【回答】 白山地区で開業されていた医師が亡くなられましたので、しらやま振興会のお世話で旧白山商工会の1室をお借りして、診療所を開設する予定です。診療所には、パーテンションなどの備品購入や診察の際、医師が手を洗うための工事などが必要となります。
そういった必要経費をしらやま振興会への補助で支出するものです。

【質問】 診療所で医師はどうするのか。

【回答】 週に1回の往診を行う予定です。

サッカーパブリックビューイング

【質問】 蔵の辻とは?

【回答】 市役所からも近い、まちなかの風情ある広場です。

【質問】 対象者が市民だけとか、人数制限とか設けるのか。

【回答】 越前市民だけでなく、県内県外誰でもOKですし、人数に制限も設けません 。

【質問】 今回が初めての試みか。

【回答】 8年前と4年前に、サンドーム福井で行っています。

夢先生スポーツレッスン

【質問】 夢先生スポーツレッスンの対象者は誰なのか 。

【回答】 市内のサッカースポーツ少年団の5年生、6年生です。

大人の夢教室「貴乃花親方講演会」

【質問】 会場のパレスホテルには、何人ぐらい入場可能か。

【回答】 椅子席、立ち見を含め約450人です。

【質問】 工芸の里構想と貴乃花親方との関連をお聞きしたい。

【回答】 工芸の里構想は、越前市の伝統産業や文化を情報発信したいということで、本年度作成します。日本で誰が一番、日本の伝統文化を発信する力があるかというと、貴乃花親方に勝る方はいらっしゃらないと思います。越前市の伝統産業に対するご意見などを「越前市ふるさと大使」の貴乃花親方からいただけたらと思っています。

ウェブサイトの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。

 

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

情報配信元:総務部 秘書広報課    秘書広報課トップページへ戻る

電話: 0778-22-3427 ファックス: 0778-22-9977
受付時間:月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分まで※祝日を除く
メール: koutyou@city.echizen.lg.jpメールフォームからもお問い合わせいただけます)

過去の履歴